2年目のジンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2年目のジンクス(にねんめのジンクス)とは主にプロスポーツや芸能界のジンクスの一つ。

スポーツ[編集]

特にプロ野球の世界では1年目に新人王を獲得したり大記録などを作って大活躍したルーキーが、2年目は成績が悪化する、というもの。2年目の意味をプロ入りから2年目に限定せず、それまで平凡な成績しか収めていなかった選手が活躍した(ブレークした)翌年を含めることもある[1]

バスケットボールを例に挙げるならばマイケル・ジョーダンシカゴ・ブルズNBA入りした初年度はそのシーズンの全試合で先発出場しレギュラーの座に収まるも、翌年のシーズンでは怪我で多くの試合を欠場した。

2年目のジンクスが生じる原因はいくつか挙げることができる[1]。あるシーズンにある選手が注目を集めると、その選手は取材やイベントへの参加などで多忙なシーズンオフを強いられる。その結果、疲労の回復や自主練習がままならなくなり、翌シーズンへ向けての調整に悪影響が出やすい。また、相手チームからは徹底して研究され、対策を講じられてしまう。その上、相手側の対策のため思うような結果が得られなくなると、選手側が自信を失い自滅する例もある。さらに、周囲からの注目も不調の原因となりうる。例えば、期待に応えようとして過度なトレーニングを行い、体を傷めるような場合である。

統計学では「平均への回帰」であると考えられている[2]

芸能界[編集]

  • 1年目で新人賞などを受賞したが、2年目は後が続かない歌手、俳優など。歌手やお笑いタレントの場合は一発屋とも呼ばれることもある。
  • かつて開催されていた、日本テレビ音楽祭ではデビュー2年目の歌手に与えられる賞として「金の鳩賞」が存在した。
  • ピンク・レディーが1990年に一時的に再結成をした時にレコーディングされた曲も「2年目のジンクス」というタイトルだった。

参考文献[編集]

  1. ^ a b カープQ&A 2年目のジンクス 中国新聞 (2011年1月29日)
  2. ^ 木を見る西洋人森を見る西洋人 p.3

関連項目[編集]