1 ハノーバー・スクエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク・コットン取引所
1 ハノーバー・スクエアは、インディア・ハウスとしても知られる
所在地: マンハッタンハノーバー・スクエア
座標: 北緯40度42分16秒 西経74度0分36.6秒 / 北緯40.70444度 西経74.010167度 / 40.70444; -74.010167座標: 北緯40度42分16秒 西経74度0分36.6秒 / 北緯40.70444度 西経74.010167度 / 40.70444; -74.010167
建設: 1851-1853
建築家: リチャード・F・カーマン
建築様式: ルネサンス建築
NRHP登録番号: 72001586
指定・解除日
NRHP指定日: 1972年1月7日[1]
NHL指定日: 1977年12月22日[2]
NYCL指定日: 1965年12月21日

1 ハノーバー・スクエア英語: 1 Hanover Square)は、以前はニューヨーク・コットン取引所(New York Cotton Exchange)としても知られており、別名インディア・ハウス(India House)で、ニューヨーク市、ロウアー・マンハッタンハノーバー・スクエアの南端にある。

歴史[編集]

建物は、1851年から53年にかけて、建築士、開発者及び商人のリチャード・F・カーマンによって商業投資され、建築された。建物はハノーバー銀行の本社であった。1870年、ニューヨーク・コットン取引所がこの地に設立され、世界で2番目の取引所、及びアメリカで最初の商品取引所となった[3]。その後1914年、建物は私有クラブのインディア・ハウスとなった[4]

建物は1977年に、アメリカ合衆国国定歴史建造物となった[2][3]。現在は、ハウスズ・レストランとなっている。2001年には、映画『ニューヨークの恋人』で、レオポルドの家として使用された[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “National Register Information System”, National Register of Historic Places (National Park Service), (2007-01-23), http://nrhp.focus.nps.gov/natreg/docs/All_Data.html 
  2. ^ a b New York Cotton Exchange”. National Historic Landmark summary listing. National Park Service. 2007年9月11日閲覧。
  3. ^ a b George R. Adams (December, 1976). National Register of Historic Places Inventory-Nomination: New York Cotton Exchange (PDF, 535 KB). National Park Service  and Accompanying photo, exterior, from 1964. (PDF, 1.11 MB)
  4. ^ Bill Harris, One Thousand New York Buildings, 2002, Black Dog and Leventhal, pg 33
  5. ^ http://onthesetofnewyork.com/kateandleopold.html

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、1 ハノーバー・スクエアに関するカテゴリがあります。