19 (音楽グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
19
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1998年 - 2002年
レーベル ビクターエンタテイメント
(1998年 - 2002年)
公式サイト http://www.jvcmusic.co.jp/19/
メンバー
岡平健治ボーカルギターハーモニカ
岩瀬敬吾ボーカルギター
旧メンバー
326作詞、ヴィジュアルプロデュース)(1998年 - 1999年

吉田拓郎

19(ジューク)は、日本フォークデュオ岡平健治岩瀬敬吾によるデュオ。デビュー当初は326(みつる)がビジュアルプロデュースと作詞を担当するメンバーとして参加していた。ネオ・フォークの生みの親[1]2002年3月解散。

メンバー[編集]

岡平健治(おかひら けんじ)
ボーカルギターハープ担当。現在は3B LAB.☆Sメンバーであり、ソロ活動も行っている。
広島県呉市出身。
岩瀬敬吾(いわせ けいご)
ボーカルギター、担当。現在はソロで活動中。
広島県賀茂郡黒瀬町(現:東広島市)出身。

かつて所属していたメンバー[編集]

326(みつる)本名:中村満。
ビジュアルプロデュース、作詞担当。現在は本業であるイラストレーターとして活動している。
佐賀県佐賀市出身。

来歴[編集]

岡平健治と岩瀬敬吾によるデュオと、ヴィジュアル・プロデュースと作詞を担当するイラストレーターの326(ミツル)とのコラボレーション・ユニット。

1999年春にTBSテレビの「1999・春」キャンペーン・ソングに2ndシングル「あの紙ヒコーキ くもり空わって」が起用されたことによりヒット。そのことがきっかけで、TBS系列『うたばん』内で注目の若手枠に出演。健治がフリーター時代に世話になっていた中華飯店にインタビューし、メッセージを貰うという企画では、VTRを見た健治が言葉を発せなくなるほど号泣していた。その後の『うたばん』の出演で、無茶苦茶な誓約書(毎日石橋さまと中居さまのいる方角を拝む/収入の何割かを石橋さま・中居さまに振り込む など)にサインさせられ(もちろんネタ)、その誓約書は19が解散するまでスタジオに飾られていた。「あの紙ヒコーキ くもり空わって」はロングヒットとなり、1999年に『NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。その際、326は応援に登場し、19が歌うバックには326によるイラストが掲げられた。これが決定打となり、当時ゆずを中心に復興を遂げていたフォークは「ネオ・フォーク」と言う新ジャンルとして認知されるようになる。

3rdシングル「すべてへ」ではオリコンチャート1位を記録。以降、事実上326はメンバーを脱退。それまでフォーク色の強かった作風が、ロックテイストのものに変化していく。

2000年に行われたシドニーオリンピックの日本代表選手団公式応援ソングとして、「水・陸・そら、無限大」が起用され、同曲で2度目のNHK紅白歌合戦出場を果たす。

2002年2月に解散を発表。以降、本人達によるPR・マスコミ・ライブ活動は一切なく、3月21日ラスト・シングル「蒲公英 -たんぽぽ-」を発売し、3月31日に解散した。

2005年10月19日に、ベスト・アルバム『19 〜すべての人へ』がリリースされた。収録曲は、携帯電話着うたサイトで人気の上位17曲。アルバムタイトルは一般公募し、投票メールにより決定した。ベスト盤を制作するにあたり、健治と敬吾は19の所属レコード会社であったビクターエンタテインメントで解散後、初めて再会する。ただこれに関しての真偽は明確ではない。

2008年6月4日に、『19トリビュート』が発売された。これは19のデビュー10周年を記念して、19に影響を受けた新時代のアーティスト達が称賛の意を込めたカバーアルバムとなっている。また、同年7月8日に原宿のアストロホールにてトリビュートライブが行われた際に、健治はシークレットゲストとして参加した。

2008年11月21日の19デビュー10周年を記念し、同年11月19日に、今まで発売されたアルバム「音楽」「無限大」「up to you」と、DVD「西暦前進2000年→"大爆進映像!"」「19 VIDEO CLIPS 1→9」「19 LAST LIVE TV use only」を19プライスと称して、アルバムは1900円(税込1995円)、DVDは1905円(税込2000円)で再発した。

岡平健治・岩瀬敬吾の出会い[編集]

二人の出会いは高校3年生の時。健治は地元広島では数々の賞を受賞するなど有名だった。もともと健治に興味を持っていた敬吾が参加したコンテストで健治に話しかけ、自身のオリジナルソングを聞かせた。それがきっかけとなり、以降、共に弾き語りをするようになる。特に呉駅のロータリーで路上ライブをしていた。「少年フレンド」の結成である。

19結成[編集]

高校卒業後、健治は広島で就職して働き始めたが、ミュージシャンの夢が諦めきれず、わずか数週間で退職届も出さず仕事を辞め、大阪へ行く(東京に行かなかったのは、資金が無かったため)。また、敬吾は音楽の道を目指して上京し、音楽の専門学校に通っていたが、中退する。この頃は、電話で曲を聴かせ合う等といったことを続けていたようである。その後、健治も上京(ちなみに東京では無く、神奈川川崎市の柿生)。

彼らの上京の日は、敬吾が3月28日、健治は8月29日と、お互いの誕生日とされている。

下北沢などのライブ活動中に、イラストライター326と出会う。3人は意気投合し「19」を結成。メジャーデビューを果たす。

19(ジューク)の名前の由来については、「結成当時、健治と敬吾が19歳だった」「ジュークボックスにちなんだ」などの説があるが、真偽のほどは不明。

解散[編集]

人気絶頂時だった2002年2月、同年3月末に解散することを発表。互いの音楽性を尊重するためとの理由だった。しかし数年後、健治はこの解散を「大人たちへの報復だった」と書き記し、「正直後悔している」とも話している。一方、解散報告をしたラジオ番組内で「前向きに」解散することを何度も繰り返していた敬吾は、解散後に19についてや解散理由のコメント等は見受けられない。 その後、2013年5月に放送された「1番ソングSHOW」の「リスペクトアーティスト」コーナー内にて二人が出演。解散の理由を明言し「事務所とのトラブル」が大きい理由と語った。解散理由として囁かれている「不仲説」にも触れて、敬吾は「健治は仲間ですし、アイツのことを悪く言われたら腹も立つ」に加えて「それだけ(不仲)で片付けられるのは心外」とコメントしている。最近は「お互いに連絡を取り合っており、会うこともある」とも放送された。

その後[編集]

解散後、岡平健治3B LAB.☆Sのメンバーとして、岩瀬敬吾はソロシンガーとして、活動を開始。

19解散後、健治と敬吾は、仕事はおろかプライベートですら一度も顔合わせすることはなかった。再会を果たしたのは2005年のベスト盤製作の際とされているが、真偽は明確ではない。ちなみに、3BLAB.☆が初めてうたばんに出演した際に、MCであるSMAPの中居からの「敬吾とは連絡とってんの?」という質問に、健治は「はい、マメに連絡とってますよ」と答えている。

19再結成の噂について、健治は「3BLAB.☆Sで10年は活動する」。敬吾は「ソロシンガーとしてアルバム制作を中心とした活動をする」と、否定とも取れる発言をしている。

「19 〜すべての人へ」が出た後の健治自身の日記では「19は再結成するつもりはない。しばらくは3B LAB.☆一筋で行きたい。敬吾とは何年後かにどこかの小さいライブハウスでライブしたい」と書き記している。さらに2007 - 2008年にかけて行われた健治のソロツアーでは「19の復活はない」と度々口にしている。

2013年9月、TBS『有吉ジャポン』に326が出演し、数十年振りに、19メンバーと出会う企画にて、岡平健治の自社ビルへ訪れるも、全国ツアー不在のため健治とは出会えなかったが、電話にて数十年振りに会話をした。また現状として「敬吾とは最近ドライブした。」、「19を復活したいが、近年の再結成ブームや、『ソロが売れなくなったから』での復活はしたくない。」と報告した。

その他[編集]

2008年4月26日、健治はソロアルバム『パンクフォーク』のリリース記念のフリーライブで、敬吾はアルバム『明日の出来事』発売記念インストアライブツアーで共に名古屋に来ており、このときの敬吾のライブに健治が客として足を運んでいた。お互いにしめし合ってのことかは分からないが、これは、解散後、初の公の場でのツーショットであった。また同じく健治のフリーライブと敬吾のインストアツアーが大阪でも同じ日に行われていたが、時間帯が全く同じだったため、そのような光景は見られなかった。

2013年10月、TBS系『東野・有吉のどん底』に 326が出演。当時のグループ事情を告白。メンバーとの仲は良かったものの、当時の所属事務所の方針から、2人組で売り出したいためにグループ離脱を宣告、解散の際は事後報告もなく『3人で話し合って決めました』と発表されたと告白した[2]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. あの青をこえて1998年11月21日
  2. あの紙ヒコーキ くもり空わって1999年3月20日
  3. すべてへ (1999年10月21日
  4. 『果てのない道』2000年4月21日
  5. 水・陸・そら、無限大 (2000年7月5日
  6. 背景ロマン (2000年11月29日
  7. 足跡2001年4月25日
  8. たいせつなひと (2001年8月22日
  9. 蒲公英 -たんぽぽ-2002年3月21日

アルバム[編集]

  1. 音楽1999年7月23日
  2. 無限大2000年7月26日
  3. up to you2001年9月27日
  4. 19 BEST●青2002年4月27日
  5. 19 BEST●春 (2002年4月27日)
  6. 18 〜卒業ライフは入ってない〜 (2002年7月10日)(少年フレンド名義 1998年3月 - 5月録音未発表音源)
  7. 19 BEST LIVE Audio use only (2002年7月24日
  8. 19 〜すべての人へ2005年10月19日
  9. コンプリートBEST 青&春2007年2月21日

ちなみに解散前までに出された音源、映像数は再発を除くと丁度19になる。

未発表曲[編集]

非公式未発表曲数は、150曲以上に上ると言われている。即興による曲も多数あり、ラジオの中でリスナーから詞や言葉を募ってメロディをつけたものもある。健治が作詞作曲した曲は3B LAB.☆Sのライブやソロのライブで披露されることもある。その他「なごり雪」や「贈る言葉」などのカバー曲も未発表曲として出回っている。

  • 卒業ライフ
  • 回転(ファンクラブのみで配布)
  • 感謝(ファンクラブのみで配布)
  • 大阪梅田(後に岡平のソロアルバムパンクフォークで若干歌詞を変えて発表)
  • ラジオのテーマ
  • 桜(後に岡平のソロアルバムパンクフォークで「永遠」として発表)
  • あぁ、もう学校へついてしまうよ
  • 梅干(岡平が小学校6年生の時に初めて作った歌)
  • 太陽の下ラブユー(岩瀬敬吾が高校生の時に初めて作った歌)
  • なんで勉強しなきゃいけないんだよ
  • ケイゴ in the sky
  • 満秋(後に岡平のソロアルバム純粋で若干歌詞を加えて発表)
  • つまさき
  • 青春
  • 童心(後に岡平のソロアルバム純粋で若干歌詞を変えて発表)
  • パラソル

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]