19 (ポール・ハードキャッスルの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

19 」(Nineteen)は、1985年に、イギリスミュージシャンポール・ハードキャッスル(Paul Hardcastle)が発売したシングル曲。ベトナム戦争アメリカ兵士のその後を主題とした。曲名の「19」は、アメリカのベトナム戦争従軍兵の平均年齢が19歳だったことを表している。なお、この数字については否定する意見もある[1]

概要[編集]

この曲では、主に、ABC製作のドキュメンタリー番組『Vietnam Requiem』でのニュースナレーションや、サンプラーで拾った心的外傷後ストレス障害に悩む元兵士のインタビュー音声のリミックスのみが、使用されている(一部に女性コーラスがある)。この音声をシンセサイザーを用いたファンクテンポの曲と同期させている。

同時に製作されたビデオクリップも同じ番組の映像を繋いで編集されており、少々のテロップと何箇所かで写る星条旗とその前後程度しか加工されていない。

「19」は、1985年5月5日に全英シングルチャート1位を獲得し、アイヴァー・ノヴェロ賞を受賞した。アメリカでは20位にチャートインした。世界13カ国で発売された。日本では小林完吾による吹き替え版(エクステンデッド・ジャパニーズ・バージョン)も発売された。

なお、ハードキャッスルはABCから映像と音声の無断使用で訴えられ、またマイク・オールドフィールドからは曲を盗作したとして告訴された。

脚注[編集]

  1. ^ Statistics about the Vietnam War”. Vietnam Helicopter Flight Crew Network. 2008年5月3日閲覧。

ビデオクリップ[編集]

  • [1] Official Homepage of ポール・ハードキャッスル
  • [2] Official German Fan Homepage of ポール・ハードキャッスル
  • You Tube「19」 オリジナルヴァージョン