1999年オーストラリア国民投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1999年オーストラリア国民投票英語: Australian republic referendum, 1999)は、君主制を廃止すべきか存続させるべきかを巡って1999年11月6日に実施されたオーストラリア国民投票である。結果的には僅差ではあったものの、君主制存続が決まった(後述)。

概要[編集]

オーストラリアは独立主権国家でありながら、外国人であるエリザベス二世国家元首にしているのはどうしてかという左派を中心に疑問が沸き起こった。これは多民族国家となったのだから、いつまでもイギリスの女王を国家元首にしておく必要など無いという声が強まったことによる。実際に非アングロ・ケルト系の住民の間では共和主義者が多い。1997年ジョン・ハワード首相が国民憲法会議を開くと表明し、共和制モデルに関する議論が行われた。しかし提案されたどの共和制モデルも会議の過半数を得られず、1999年11月6日に他案も取り入れた共和制モデルに対する国民投票が行われた。

決議された共和制モデルの概要は次のとおり。

  • 国家元首の名称は大統領(President)とし、任期は5年とする
  • 新憲法に先住民の存在、法の下の平等、両性の平等などを含める
  • 国名は変更せず
  • 英連邦からの脱退はしない

投票の結果は54.87%がNoに投じ、実現することはなかった。

否決された理由として、君主制そのものに対する愛着というより、共和国化した後にどういう形の政府を形成するかを巡って対立があったからだと分析されている[誰によって?]。例えば大統領本人が権力を行使するアメリカ韓国のような大統領制国家になるのか、それとも議院内閣制を導入してアイルランドドイツの様に大統領直下の首相が全面的に権力を持つのかに関する見解の対立や、大統領の選出方法に関するものである。それと同時に国旗のデザインの変更を要求する勢力[誰?]も存在する。

その一方で、君主制はオーストラリアの伝統であり、オーストラリア国民は大英帝国を継承しているので君主制を存続させるべきだという主張も存在している[要出典]

ここ数年の世論調査によると、共和主義者が過半数を超えているという[要出典]

関連項目[編集]