1996年ポルトガル共和国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1996年ポルトガル共和国大統領選挙(1996ねんポルトガルきょうわこくだいとうりょうせんきょ ポルトガル語:Eleições presidenciais portuguesas de 1996)は、ポルトガル共和国の元首であるポルトガル共和国大統領(Presidente da República)を選出するため1996年1月14日に行われたポルトガル共和国の選挙である。

選挙概要[編集]

  • 選出方法:選挙権を有する18歳以上のポルトガル国民による直接選挙。
  • 2回投票制
    • 第1回投票で有効投票数の過半数(絶対多数)を得た候補がいない場合は上位2名で決選投票が行われる。
  • 任期:5年
  • 再任:一回のみ再任容認
  • 被選挙権:35歳以上のポルトガル国民
  • 立候補に必要な推薦人数:7,500~15,000人

候補者[編集]

本選挙に立候補した主な候補は以下の二人である。

選挙結果[編集]

  • 投票日:1996年1月14日
  • 有権者数:8,693,636名
当落 候補者 得票数 得票率
当選 ジョルジェ・サンパイオ 社会党 PS
Jorge Fernando Branco de Sampaio
3,035,056 53.91
アニーバル・カヴァコ・シルヴァ 社会民主党 PSD
Anibal António Cavaco Silva
2,595,131 46.09
無効 63,463
白票 69,328
合計 5,762,978

参考文献[編集]