1981年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

< 1981年

1980年の航空 - 1981年の航空 - 1982年の航空

航空に関する出来事[編集]

ソーラー・チャレンジャー
  • 6月18日 - F-117が初飛行した。
  • 7月7日 - スティーブン・プタセクが太陽電池動力のソーラー・チャレンジャーでドーバー海峡を5時間あまりで横断した。
  • 7月17日 - イスラエル空軍機がパレスチナ人のテロ攻撃に報復のためにベイルートを攻撃した。
  • 8月19日 - アメリカ海軍のF-14 トムキャット2機が、2機のリビア空軍のスホーイSu-22をシドラ湾上で撃墜した。 (シドラ湾事件 (1981年)
  • 9月3日 - マクドネル・ダグラスは1000機目のDC-9を生産し、スイス航空に納入した。
B-1 ランサー
  • 10月2日 - アメリカ合衆国のレーガン大統領が、B-1 ランサーの開発の再開と、100機のB-1Bの発注を発表した。
  • 10月6日 - オランダのコミュータ会社、NLM シティホッパーの431便のフォッカー F28が竜巻に遭遇し、空中分解し墜落した。乗員4名と乗客13名が犠牲となった。
  • 11月13日 - ベン・アブルッツォらがダブルイーグル Vで、気球による太平洋の横断に成功した。
  • 11月21日 - アエロフロートの航空機が、アメリカの軍事施設の上空を飛んだことから、アメリカ上空の飛行を禁止された。
  • 12月25日 - アメリカ空軍のトーマス・ティラーが、大西洋上で事故を起こし、7日間のボートの漂流後、救助された。

1981年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

  • ハーモン・トロフィー:ジェリー・フォスター、 ジャニス・リー・ブラウン
    • 宇宙飛行士部門:ジョン・ヤング、ロバート・クリッペン、ジョゼフ・イーグル、リチャード・トルーリー
  • デラボー賞: ベン・アブルッツォ(Ben L. Abruzzo) (USA)、ジョン・ヤング (USA) 、ワレリー・リューミン (USSR)

関連項目[編集]