1976年シンガポール通常選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シンガポールの1976年通常選挙1976年12月23日に行われた。投票率は95.1%。リー・クアンユー率いる人民行動党が69議席すべてを獲得した。すべての選挙区で争われたわけではなく、人民行動党以外が候補者を擁立した53議席[1]で争われ、擁立できなかった16議席分については人民行動党の不戦勝となった。この選挙は後のシンガポール首相となるゴー・チョクトンのデビュー戦となった。

結果[編集]

政党 得票 % 議席 +/-
PAP logo variation.png 人民行動党 590,169 74.1 69 +4
WP logo variation.png 労働者党 91,966 11.5 0 0
シンガポール統一戦線 56,191 7.1 0
社会主義戦線英語版 25,411 3.2 0 0
統一人民戦線英語版 14,233 1.8 0
シンガポール・マレー民族組織英語版 9,230 1.2 0 0
シンガポール正義党英語版 5,199 0.7 0
無所属 4,173 0.5 0 0
無効票 18,558 - - -
合計 815,130 100 69 +4
出典: Nohlen et al.

脚注[編集]

  1. ^ Nohlen, D, Grotz, F & Hartmann, C (2001) Elections in Asia: A data handbook, Volume II, p254 ISBN 0-19-924959-8