1972年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1972年のテレビ(1972ねんのテレビ)では、1972年(昭和47年)の日本におけるテレビジョン放送全般の動向についてまとめる。

番組関係のできごと[編集]

1月
2月
3月
4月
5月
6月
  • 17日 - 佐藤栄作首相(当時)が退陣表明、退陣会見をNHKなどで中継。佐藤は会見で「テレビはどこだ。NHKはどこにいる」と発言[4]。異例のテレビ主導による会見となった。
7月
  • 8日 - NET系で、土曜20時枠に特撮番組『人造人間キカイダー』とテレビアニメ『デビルマン』の2本立てを編成、1974年3月までこの体制となる[5]
  • 21日 - 日本テレビ系で刑事ドラマ『太陽にほえろ!』(東宝制作)が放送開始。1986年11月14日まで全718回続く長寿番組となった。
  • 28日 - NET系で、5月12日を以って打ち切られた日本テレビ系『日本プロレス中継』の後継番組として、月曜20時台に放送されていた『NETワールドプロレスリング』の他にも、金曜20時台にも『NET日本プロレス中継』を開始。9月25日まで月曜・金曜の並行放送を続け、10月から『NET日本プロレス中継』に一本化(1973年3月30日終了)[6]
8月
9月
10月
12月

その他テレビに関する話題[編集]

北海道文化放送(4月1日開局) テレビ神奈川(4月1日開局。写真は初代本社で、現在は解体済み) びわ湖放送(4月1日開局)
北海道文化放送
(4月1日開局)
テレビ神奈川
(4月1日開局。写真は初代本社で、現在は解体済み)
びわ湖放送
(4月1日開局)

開局[編集]

周年[編集]

番組[編集]

開局・放送開始[編集]

視聴率[編集]

(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

  1. 第23回NHK紅白歌合戦(NHK総合、12月31日)80.6%
  2. 第20回オリンピックミュンヘン大会(NHK総合、9月8日)58.7%
  3. ありがとう(TBS、12月21日)56.3%
    • 第20回オリンピックミュンヘン大会(NHK総合、9月2日)55.5%
    • ニュース(NHK総合、9月8日)55.5%
  4. 連続テレビ小説 繭子ひとり(NHK総合、2月10日)55.2%
  5. 連続テレビ小説 藍より青く(NHK総合、9月8日)53.3%
  6. 第11回冬季オリンピック札幌大会(NHK総合、2月11日)53.1%
  7. 第20回オリンピックミュンヘン大会(NHK総合、9月10日)51.3%
  8. ニュース(連合赤軍浅間山荘事件)(NHK総合、2月28日)50.8%
  9. 田中総理中国へ(NHK総合、9月25日)50.6%
  10. スタジオ102(NHK総合、2月29日)47.0%
  11. 第20回オリンピックミュンヘン大会 閉会式ハイライト(NHK総合、9月12日)46.9%
  12. カメラリポート(NHK総合、2月29日)46.6%
  13. 1972年度輝く!日本レコード大賞・第2部(TBS、12月31日)46.5%
  14. 即日当選開票当確者紹介(NHK総合、12月11日)46.1%
  15. 8時だョ!全員集合(TBS、7月15日)45.7%
  16. ニュース(NHK総合、2月29日)44.9%
  17. 当確者に聞く(NHK総合、12月11日)44.3%
  18. ニュース(NHK総合、4月27日)44.0%

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系[編集]

TBS系[編集]

フジテレビ系[編集]

NETテレビ系[編集]

東京12チャンネル系[編集]

テレビアニメ[編集]

特撮番組[編集]

報道・情報番組[編集]

バラエティ番組[編集]

クイズ番組[編集]

音楽番組[編集]

トーク番組[編集]

教育・子供向け番組[編集]

映画番組[編集]

スポーツ番組[編集]

単発特別番組枠[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これにより、19:00の特撮番組『ミラーマン』、20:00の時代劇『一心太助』(杉良太郎主演版)、21:00のトーク番組『ラブラブショー』の計3本が休止。また19:30のアニメシリーズ『カルピスまんが劇場(→世界名作劇場)』は、1969年10月5日開始以来初めて放送されなかったが、前作『アンデルセン物語』は前週の1971年12月25日で放送を終え、翌9日に次作『ムーミン』(第2作)が開始するため、「継続中の休止」には至らなかった。
  2. ^ ただし、国際映像はNHKと北海道放送(HBC)が共同制作し、世界各国に配信した。
  3. ^ ただし1987年10月から1989年9月までは、平日22時枠に報道番組『JNNニュース22プライムタイム』→『JNNニュースデスク88・89』が編成されたために中断、この間は代償として水曜21時枠で『水曜ドラマ』が編成された。
  4. ^ 「NHK大河ドラマ大全」(NHK出版、2011年)96頁
  5. ^ 20時枠前半は1973年5月12日より続編の『キカイダー01』となり、また後続のアニメ枠は『ミクロイドS』→『キューティーハニー』と続く。
  6. ^ 1973年4月6日からは新日本プロレス中継に変更され、『ワールドプロレスリング』に再改題。
  7. ^ TBSの人気番組『8時だョ!全員集合』も休止となったが、ザ・ドリフターズいかりや長介の著書『だめだこりゃ』によると「あとで局の人間が『視聴率、ヒトケタだったよ』とボヤいていたが」という(182頁)。
  8. ^ 当時使用されていたバージョンは2011年7月24日のアナログ放送終了の際にも、アナログ放送での最終映像として放送され、最終画面(「JOAX-TVNTV日本テレビ」)の左下に「58年間ありがとうございました」の文字が添えられた。
  9. ^ 日本テレビ版は遅れて1963年1月21日に開始したため、1973年で10周年だった。
  10. ^ a b c テレビ東京の歩み
  11. ^ 『シャボン玉ビッグワンショー』開始までのつなぎ番組

参考[編集]

など