1971年バスケットボール男子アジア選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1971年男子アジア選手権
第6回男子バスケットボールアジア選手権
概要
開催国 日本の旗 日本
期間 10月30–11月10日
チーム数 9チーム (all Asian連盟)
会場 1会場 (1都市)
優勝  日本 (2回目)

1971年バスケットボール男子アジア選手権(The 6th Basketball Asia Championship for Men)は、日本東京で開催された第6回バスケットボール男子アジア選手権10月30日から11月10日までの期間で開催された。日本での開催はこの大会が初めてである。

開催国である日本が3大会振り2度目の優勝を飾り、フィリピンとともにミュンヘン五輪出場権を獲得した。

結果[編集]

Team Pld W L PF PA PD Pts
 日本 8 8 0 734 427 +307 16
 フィリピン 8 7 1 808 572 +236 15
 韓国 8 6 2 784 523 +261 14
 台湾 8 5 3 654 577 +77 13
 マレーシア 8 4 4 588 613 −25 12
 インド 8 3 5 563 632 −69 11
 タイ 8 2 6 544 692 −148 10
 シンガポール 8 1 7 548 806 −258 9
 香港 8 0 8 493 874 −381 8
10月 30 シンガポール  80–134  フィリピン 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 31–68, 49–66
10月 30 日本  79–44  タイ 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 35–15, 44–29
10月 30 香港  51–125  韓国 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 24–58, 27–67
10月 30 マレーシア  80–68  インド 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 45–33, 35–35
10月 31 タイ  98–58  シンガポール 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 37–26, 61–32
10月 31 台湾  92–69  マレーシア 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 42–36, 50–33
10月 31 フィリピン  133–57  香港 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 64–28, 69–29
10月 31 韓国  83–57  インド 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 55–22, 28–35
11月 1 香港  38–131  日本 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 16–63, 22–68
11月 1 シンガポール  62–98  台湾 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 38–54, 24–44
11月 1 マレーシア  57–79  韓国 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 29–40, 28–39
11月 1 タイ  67–75  インド 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 32–32, 35–43
11月 3 フィリピン  95–53  マレーシア 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 43–30, 52–23
11月 3 インド  80–79  シンガポール 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 40–41, 40–38
11月 3 日本  86–57  台湾 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 50–25, 36–32
11月 3 韓国  131–61  タイ 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 66–27, 65–34
11月 4 台湾  96–59  香港 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 50–25, 46–34
11月 4 日本  87–56  インド 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 42–32, 45–24
11月 4 タイ  72–121  フィリピン 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 33–59, 39–62
11月 6 韓国  80–88  フィリピン 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 34–44, 46–44
11月 6 香港  72–96  シンガポール 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 32–38, 40–58
11月 6 インド  64–71  台湾 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 32–36, 32–35
11月 7 日本  86–48  マレーシア 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 45–26, 41–22
11月 7 タイ  85–76  香港 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 47–34, 38–42
11月 7 シンガポール  49–125  韓国 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 19–59, 30–66
11月 8 香港  74–101  インド 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 34–57, 40–44
11月 8 フィリピン  69–93  日本 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 39–45, 30–48
11月 8 マレーシア  71–50  タイ 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 24–22, 47–28
11月 8 台湾  84–93  韓国 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 34–34, 33–33 OT: 10–10, 7–16
11月 9 マレーシア  107–66  香港 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 57–33, 50–33
11月 9 日本  96–47  シンガポール 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 54–21, 42–26
11月 9 台湾  81–67  タイ 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 42–34, 39–33
11月 9 インド  62–91  フィリピン 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 30–43, 32–48
11月 10 シンガポール  77–103  マレーシア 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 41–48, 36–55
11月 10 フィリピン  77–75  台湾 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 40–45, 37–30
11月 10 韓国  68–76  日本 国立代々木競技場, 東京
Scoring by half: 30–37, 38–39

最終順位[編集]

ミュンヘンオリンピック出場権獲得
Rank Team Record
1位  日本 8–0
2位  フィリピン 7–1
3位  韓国 6–2
4  台湾 5–3
5  マレーシア 4–4
6  インド 3–5
7  タイ 2–6
8  シンガポール 1–7
9  香港 0–8

[編集]

 1971 アジア選手権優勝 

日本
2回目

関連項目[編集]

}