1967年大韓民国大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第6代大韓民国大統領選挙
大韓民国
1963年 ←
1967年5月3日 (1967-5-3)
→ 1971年

投票率 83.6%
  Park Chung hee.jpg Yun Bo1.jpg
候補者 朴正煕  新民党  呉在泳 
政党 民主共和党 尹潽善 統韓党
得票数 5,688,666 4,526,541 264,533
得票率 51.4% 40.9% 2.39%

1967 South Korean elections result map.png

第6代大統領選挙地域別選挙結果、青色は朴正煕候補、緑色は尹潽善候補がそれぞれ最多得票を得たことを示している。

選挙前大統領

朴正煕 
民主共和党 (韓国)

選出大統領

朴正煕 
民主共和党 (韓国)

第6代大統領選挙
各種表記
ハングル 제6대 대통령 선거
漢字 第六代大統領選擧
テンプレートを表示

1967年大韓民国大統領選挙(-ねんだいかんみんこくとうりょうせんきょ)は、第6代大韓民国大統領を選出するために1967年5月3日に実施された、韓国の大統領選挙である。なお、韓国では選挙回数について「第○回」ではなく「第○代」と呼称するのが一般的である。

概要[編集]

大統領の任期4年が満了したことに伴って実施された選挙である。選挙には7名(うち1名は中途辞退)が立候補したが事実上、前回選挙(1963年)と同様に与党民主共和党朴正煕大統領と、民衆党新韓党が統合して結成された野党新民党尹潽善との対決となった。

前回選挙で朴正煕は15万票の僅差で尹潽善を抑えて当選したが、今回は朴候補が有効投票数の51.4%を獲得し、尹候補(41.0%)を大差で抑えて当選し、再選を果たした。

選挙結果[編集]

  • 投票日:1967年5月3日
  • 有権者数:13,935,093名
  • 総投票者数:11,645,215名
  • 投票率:83.6%
第6代大統領選挙結果(1967年5月3日[1]
当落 候補者 党派 得票数 得票率
(%)
当選 朴正煕
박정희
民主共和党
민주공화당
5,688,666 51.4
尹潽善
윤보선
新民党
신민당
4,526,541 40.9
呉在泳
오재영
統韓党
통한당
264,533 2.5
金俊淵
김준연
民衆党
민중당
248,369 2.2
銭鎮漢
전진한
韓国独立党
한국독립당
232,179 2.1
李世鎮
이세진
正義党
정의당
98,433 0.9
地域別得票
朴正煕候補と尹潽善候補のみ掲載[2]
市・道 朴正煕
(民主共和党)
尹潽善
(新民党)
得票数 得票率 得票数 得票率
ソウル特別市 595,513 45.2% 675,716 51.3%
京畿道 525,676 41.6% 674,964 52.6%
江原道 429,589 51.3% 349,807 41.7%
忠清北道 269,830 46.6% 252,469 43.6%
忠清南道 489,516 45.4% 505,076 46.8%
全羅北道 392,037 42.3% 451,611 48.7%
全羅南道 652,847 44.6% 682,622 46.6%
釜山直轄市 338,135 64.2% 164,077 31.2%
慶尚北道 1,083,939 64.0% 447,082 26.4%
慶尚南道 838,426 68.6% 281,545 23.0%
済州道 73,158 56.5% 41,572 32.1%

朴候補が大差で勝利した理由は、1962年からの第1次開発5カ年計画が比較的成功を収め、第1次に続く第2次5カ年計画を成功させるには、与党が引き続き政権を担うのが必要だとの宣伝が功を奏したことにある。地域別で得票数を見た場合は、4年前の選挙とは大きく変わり、大統領の出身地域である嶺南地方(慶尚道)で経済開発のための集中投資が行なわれたことに対する湖南地方(全羅道)の反発から、西部地域(ソウル・京畿道・忠清南道・全羅北道・全羅南道)で朴候補は尹潽善に敗北している。大統領選挙に大勝した朴大統領率いる与党・共和党は翌月に行なわれた総選挙でも、3分の2を上回る議席数を確保し、躍進した。

脚注[編集]

  1. ^ 金浩鎮『韓国政治の研究』李健雨訳、三一書房、243頁"<別添表3>歴代大統領選挙"
  2. ^ 韓国中央選挙管理委員会「歴代選挙情報システム」から引用して作成。

参考文献[編集]

関連項目[編集]