1965年ニューヨーク空中衝突事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランスワールド航空のロッキードL-1049「スーパー・コンステレーション」(同型機)
トランスワールド航空のボーイング707(同型機)

1965年ニューヨーク空中衝突事故(1965 New York air disaster)とはアメリカ合衆国の国内線の旅客機2機がニューヨーク上空で衝突した航空事故空中衝突)である。この事故は、機長の目の錯覚で発生したものであったが、その後の機長の神業的な操縦で不時着陸に成功し、この種の空中衝突事故では比較的人的犠牲を最小限にとどめることが出来た。

事故の概要[編集]

1965年12月4日イースタン航空853便はロッキード1049Cスーパーコンステレーション機体記号:N6218C)で運航されており、ボストンからニューアークに向かっていた。853便はニューヨーク上空を高度10000フィート(約3000m)で飛行していた。この時トランスワールド航空42便のボーイング707(機体記号:N748TW)もニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港に着陸するため高度11000フィート(約3300m)を飛行していた。ともに計器飛行方式で飛んでいた上に高度差が1000フィート(約300m)あったため、衝突する危険性は全く無かった。

この時、両機は雲の上を飛行していたが、853便の機長が正面から別の雲の雲頂付近を飛んできた42便が同じ高度で飛んでいるものと錯覚した。そのため853便の機長は回避を試みて急上昇したが、引き上げから10秒後の午後4時19分(アメリカ東部時間)に空中衝突した。この衝突で42便の左主翼は第一エンジン附近まで3分の1がもぎ取られたが、緊急着陸に成功し乗員乗客58名にけが人はいなかった。

一方の853便は右水平尾翼と右垂直尾翼をもぎ取られたため操縦不能に近い状態になった。機長はエンジンの推力操作で機体の制御を行い、ニューヨーク郊外のノースセーラムの原野に不時着した。接地の際に左主翼が樹木に接触しもぎ取られたため、火災が発生したが乗員乗客54名のうち50名が緊急脱出に成功した。だが、残りの4名は犠牲になった。犠牲者4名のうち唯一の乗員の犠牲者は最期まで機内に留まり乗客の脱出の手助けをしていた機長であった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]