チリ地震 (1960年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1960年チリ地震から転送)
移動: 案内検索
1960年チリ地震
Valdivia after earthquake, 1960.jpg
地震で倒壊したバルディビアの建物
震源付近の地図
震源の位置(USGS)
本震
発生日 1960年5月22日
発生時刻 19時11分14秒(UTC
15時11分14秒(現地時間)
23日 4時11分14秒(JST
震央 チリの旗 チリ バルディビア近海
南緯38度17分24秒
西経73度3分0秒 (地図)
震源の深さ 33km
規模    モーメントマグニチュード(Mw)9.5
最大震度    改正メルカリ震度XI:プエルトモント
津波 25m:モキャ島 (チリ)1
地震の種類 海溝型地震
被害
死傷者数 2231~6000人[1] [2]
被害総額 4~8億ドル
被害地域 チリの旗 チリ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
日本の旗 日本
などの環太平洋地域
1 NOAAの観測による
出典:特に注記がない場合はUSGSによる。
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示
津波来襲後のモキャ島の様子

1960年チリ地震(チリじしん、西:Gran terremoto de Valdivia)は、同年5月、チリ中部のビオビオ州からアイセン州北部にかけての近海、長さ約1,000km・幅200kmの領域を震源域として[3]発生した超巨大地震である。地震後、日本を含めた環太平洋全域に津波が襲来し、大きな被害が発生した。

概要[編集]

地震の発生時刻は現地時間の5月22日15時11分14秒、震源はチリ中部の都市バルディビア近海で、規模は表面波マグニチュード(Ms)で8.3 - 8.5、モーメントマグニチュード(Mw)では金森博雄の推定によると9.5である。Mw9.5という値は、近代地震学の計器観測史上で世界最大であり、歴史地震を含めても最大級である。長さ1,000km、滑り量10mを越える断層が活動したと考えられ地震モーメントM0は 2.0×1023N・m (2.0×1030dyn・cm) に達すると推定される[4]

日本の東北地方海岸に到達した験潮所波形の数値解析によれば、長さ850km、幅180km、滑り17m、傾斜角20°の低角逆断層モデルが東北沿岸の津波を最も再現できるとされる[5]

最大震度は、日本の気象庁震度階級で震度6相当とされている[6]

チリ各地の震度[7]
都市 メルカリ震度
バルディビア X
プエルトモント X-XI
リオ・ネグロ IX-X
テムコ VIII
オソルノ VII-VIII
Puerto Saavedra VII-VIII
Llanquihue VII-VIII
Villarica VII

まず前震がM7.5で始まりM7クラスの地震が5~6回続いた後、本震がMs8クラスで発生した。また余震もM7クラスであったために首都のサンティアゴ始め、全土が壊滅状態になった。地震による直接的な犠牲者は1,743名。負傷者は667名。

前日には単独でも巨大地震といえる前震も発生したが[8]、M7を超える余震は3つのみにとどまっている[9][10]

前震

  • 1960年5月21日 10:02(UTC), 南緯37.83°, 西経73.38°, Mw8.2
  • 1960年5月22日 18:56(UTC), 南緯38.15°, 西経72.98°, Mw7.9

本震

  • 1960年5月22日 19:11(UTC), 南緯38.29°, 西経73.05°, Mw9.5

余震

  • 1960年6月6日 5:55(UTC), 南緯45.70°, 西経73.50°, Mw7.2
  • 1960年6月20日 2:01(UTC), 南緯38.26°, 西経73.32°, Mw7.0
  • 1960年6月20日 12:59(UTC), 南緯39.21°, 西経73.32°, Mw7.1

再来間隔[編集]

この震源域では1575年1737年および1837年にも巨大地震が発生し、1837年の津波は日本にも襲来した記録があるが、津波堆積物の調査から、堆積物を形成するような特に規模の大きな当該タイプの巨大地震は平均300年間隔で発生し、前回は1575年バルディビア地震である可能性が高いとされている[11]

噴火の誘発[編集]

本震の38時間後に噴火したコルドン・カウジェ火山

本震の38時間後に噴火したコルドン・カウジェ山をはじめとして、1年以内に以下の火山噴火している。20世紀に地球上で発生したMw9クラスの巨大地震は何れも地震後数年以内に近隣の複数の火山の噴火を誘発している[12]。コルドン・カウジェ山やペテロア山はマウレ地震(2010年チリ地震)後にも噴火している。

  • 2日後 - コルドン・カウジェ山 (VEI : 3)
  • 49日後 - ペテロア山 (VEI : 1)
  • 54日後 - トゥプンガティト山 (VEI : 2)
  • 7ヶ月後 - カルゴフ山 (VEI : 3)

地殻変動と地震波[編集]

この地震によりアタカマ海溝が盛り上がり、沖合に点在する島では少なくとも5.7mの隆起、海岸に沿ったアンデス山脈西側が2.7m沈降するという大規模な地殻変動も確認された[13]。これはアンデス山脈に平行する向斜褶曲をもたらし、このような地殻変動の観測結果はアタカマ海溝沿いのナスカプレート沈み込み帯における低角逆断層の震源モデルを支持している[14]

後の推定によると幅200km長さ800kmに渡って断層が20mずれた事により、有感地震が半径約1,000kmという広範囲にわたって観測された。史上初の地球自由振動の観測に成功し、発生した地震波は地球を3周した事がアメリカでの観測で確認された。本震の震動は約20分後に日本国内の地震観測網でも捉えられた。

1957年から1967年の間に観測されたChandler運動(周期約14か月の極運動)のうち、1960年の観測結果からチリ地震発生によって地軸の年周運動に不連続が認められた[15]。 地球に何らかの原因で弾性球の変形が生じた場合、Chandler運動に変化が生じると予測されるが、たとえ1960年チリ地震のような巨大地震であってもその変形量ではChandler運動を励起するには全く不十分であるとされていた。しかし、1964年アラスカ地震において、震源域から約5000kmも離れたハワイ諸島においても10-8程度の永久歪が観測され、このような微小な地殻変動であっても全地球にわたって積分すればChandler運動を励起する可能性があるとされた[16]

津波[編集]

各地の津波到達時間
ハワイヒロでの津波被害

本震発生から15分後に約18mの津波がチリ沿岸部を襲い、平均時速750kmで伝播した津波は約15時間後にはハワイ諸島を襲った。 振幅の最大値は日本 6.1m、アリューシャン 3.4m、カナダ 3.3m、ハワイ 2.9m、オーストラリア 1.6mを観測している。ハワイ島ヒロ湾では最大到達標高10.5mの津波を観測し、61名が死亡した。[17]

太平洋を伝播する津波の周期は非常に長く、ヒロでは高さ数フィート程度の第一波到達約1時間後に最大波が襲来し、海岸線から800m以上内陸まで壊滅的な被害となった。

津波の被害状況
都市・地域 地域・国名 波高・遡上高[18] 到達時刻(UTC) 到達時間
コンセプシオン チリ 観測
CORRAL チリ 10.0m
GUAFO チリ 10.0m
LEBU チリ (4.0m)5.0m
Mocha島 チリ 25.0m
PUNTA TIRNA (TIRERA) チリ 5.0m
コンスティトゥシオン チリ 2.5m
バルディビア チリ 10.0m
MANSA川 チリ 8.5m
PUNTA SAAVEDRA チリ 9.0m
チロエ島 チリ 10.0m
バルパライソ チリ 1.7m 22日16:30 1:04
アリカ チリ 2.2m 22日22:38 3:27
ANCUD チリ (8.0m)12.0m
MEHUIN チリ 15.0m
タルカワノ チリ 5.0m 22日20:05 0:54
カヤオ ペルー 1.1m 22日23:45 4:34
イースター島 チリ 6.0m
ガラパゴス諸島 エクアドル 0.6m
KAIMU ハワイ州 4.0m
ヒロ ハワイ州 10.7m 23日9:58 14:47
HONUAPO ハワイ州 5.2m
NAPOOPOO ハワイ州 4.9m
カフルイ ハワイ州 3.4m 23日10:18 15:07
PAUKUKALO ハワイ州 4.6m
ホノルル ハワイ州 0.8m 23日10:33 15:22
ワヒアハ湾 ハワイ州 4.3m
HAENA ハワイ州 4.1m
ジョンストン島 ハワイ州 0.5m 23日11:30 16:19
ミッドウェー島 ハワイ州 0.6m 23日13:30 18:19
ピトケアン諸島 イギリスの海外領土 12.2m
トゥトゥイラ島 アメリカ領サモア 4.9m
ウポル島 アメリカ領サモア 4.9m
パゴパゴ アメリカ領サモア 2.4m 23日7:33 12:22
スバ フィジー共和国 0.5m 23日8:30 13:19
リトルトン ニュージーランド 0.4m 23日8:12 13:01
ウェリントン ニュージーランド 0.9m 23日7:45 12:34
タウランガ ニュージーランド 0.9m 23日8:23 13:12
タウンズビル オーストラリア 0.3m 23日16:05 20:54
ノーフォーク島 オーストラリア 0.2 m 23日9:00 13:49
ホバート オーストラリア 0.3m 23日12:00 16:49
ロード・ハウ島群 オーストラリア 0.7m 23日10:45 15:34
ニューカッスル オーストラリア 0.2m 23日12:00 16:49
グアム アメリカ合衆国 0.2m 23日16:40 21:29
タクロバン フィリピン 0.2m 23日21:12 26:01
花蓮市 台湾 0.2m 23日19:20 24:09
基隆市 台湾 1.1m 23日20:30 25:19
高雄市 台湾 0.1m 23日20:30 25:19
香港 イギリスの海外領土 (当時) 0.5m 23日22:20 29:29
壇ノ浦 日本 0.4m 24日0:40 29:29
築地 日本 0.1m 23日18:10 22:59
舞鶴市 日本 0.5m 23日23:25 29:14
門司区 日本 0.9m 24日0:25 29:14
浦河町 日本 3.2m
厳原町 日本 0.2m
釜石市 日本 0.7m 23日17:35 22:24
佐世保市 日本 1.3m 23日21:40 26:29
名瀬市 日本 0.5m 23日19:50 24:39
大湊 日本 0.2m 23日20:15 25:04
紋別市 日本 0.4m 23日19:10 23:59
函館市 日本 2.2m 23日18:38 23:27
八戸市 日本 3.3 m
女川町 日本 4.2m
浜松市 日本 1.1m
釧路市 日本 1.8m
むつ市 日本 6.3m
宮古市 日本 1.2m
高知市 日本 3.1m
大船渡市 日本 4.9m
宮崎市 日本 0.6m
油津港 日本 2.0m
下田市 日本 1.8m
銚子市 日本 2.1m
三陸海岸 日本 6.4m
塩竈市 日本 2.8m
串本町 日本 2.2m
土佐清水市 日本 2.7m
鳥羽市 日本 1.6 m
プンタレナス コスタリカ 0.3m 23日4:00 8:49
エンセナーダ メキシコ 1.2m 23日8:48 13:37
ラパス メキシコ 0.75m 23日7:56 12:45
アカプルコ メキシコ 1.0m 23日5:00 9:49
マサトラン メキシコ 1.1m 23日6:57 11:46
サリナ・クルス メキシコ 1.0m 23日4:56 9:45
クレセントシティ カリフォルニア州 1.7m 23日10:40 15:29
サンフランシスコ カリフォルニア州 0.4m 23日10:13 15:02
アラメダ郡 カリフォルニア州 0.3m 23日10:50 15:39
サンタモニカ カリフォルニア州 1.6m 23日9:22 14:11
サンペドロ湾 カリフォルニア州 0.5m 23日9:18 14:07
ロングビーチ カリフォルニア州 0.7m 23日9:27 14:16
ロサンゼルス カリフォルニア州 0.8m 23日9:18 14:07
サンディエゴ カリフォルニア州 0.7m 23日9:12 14:01
アストリア オレゴン州 0.2m 23日12:40 17:29
ニューポート オレゴン州 0.6m
プリンスルパート カナダ 観測 23日20:50
スカグウェイ アラスカ州 0.2m 23日15:00 19:49
シトカ アラスカ州 0.5m 23日13:33 18:22
ヤクタト アラスカ州 0.8m 23日14:18 19:07
モンタギュー島 アラスカ州 2.3m 23日16:57 19:29
スワード半島 アラスカ州 0.7m 23日16:57 19:29
ダッチハーバー アラスカ州 0.7m 23日14:50 19:39
KURILSKIYE 千島列島 4.7m
ロパートカ岬 カムチャツカ半島 2.0m
RUSSKAYA INLET カムチャツカ半島 7.0m
VILYUCHINSKAYA カムチャツカ半島 5.0m
OLGA INLET カムチャツカ半島 4.0m
SEMLYACHIK カムチャツカ半島 4.0m
KAMCHATKA R. MOUTH カムチャツカ半島 4.0m

日本での被害[編集]

宮城県塩竈市での津波被害

日本はチリから見て地球の真裏近くに有り津波が収斂しやすい位置関係であったため、他の太平洋沿岸地域と比べ被害が大きかった。地震発生から約22時間半後の5月24日未明に最大で6.1mの津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来し、日本の各地に被害をもたらした。気象庁はこの津波をチリ地震津波(チリじしんつなみ)と命名した[19]

1960年のチリ地震津波災害(50年目の現地調査・2010年2月)より引用
死者行方不明 負傷者 建物被害 罹災者 罹災世帯 船舶被害 木材流失 道路損壊 橋梁流失 堤防決壊
142名 855名 46,000棟 147,898名 31,120世帯 2,428隻 19,290件 45箇所 14箇所 34箇所

津波による被害が大きかったのはリアス式海岸の奥にある港で岩手県大船渡市では53名、宮城県志津川町(現南三陸町)では41名、北海道浜中町霧多布地区では11名が死亡。浜中町では1952年十勝沖地震でも津波被害を受けており、2度にわたって市街地は壊滅的な被害を受けた。街の中心でもある霧多布地区はこの津波により土砂が流出し、北海道本島より切り離され島と化した。現在は陸続きだった所に2つ橋が架けられており、本島と行き来が出来る。1つは耐震橋、もう1つは予備橋で橋が津波で流出する恐れがあるためと避難経路を2路確保するためである。東北地方太平洋側のほか、伊勢湾台風の被災から間もない三重県南部も津波被害を受けた。

また、過去の度重なる津波被害を受けて高さ10mの巨大防潮堤を建造していた岩手県田老町(現宮古市)では、この津波による被害が全く出なかった。実際には津波が防潮堤まで到達しなかっただけであったが[20]、翌日の新聞報道ではこの巨大防潮堤が功を奏したかのように報道され、田老町の防災の取り組みを取り入れ浜中町に防潮堤が建設されることになった。北海道の防潮堤については後の北海道南西沖地震で津波による人的被害の甚大な奥尻島などでも建設された。

防災への影響[編集]

地球の反対側から突然やってきた津波(遠隔地津波)に対する認識が甘かった事が指摘され、以後気象庁は日本国外で発生した海洋型巨大地震に対してもハワイの太平洋津波警報センターなどと連携を取るなどして津波警報・注意報を出すようになった。

当時は津波のオンライン観測網は無く、検潮所や潮位観測所に人が定期的に見に行く仕組みであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Largest Earthquake in the World - Articles”. U.S. Geological Survey. 2007年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月11日閲覧。
  2. ^ Emergency & Disasters Data Base”. Centre for Research on the Epidemiology of Disasters (CRED). 2007年1月9日閲覧。
  3. ^ ShakeMap Atlas 196005221911”. USGS (2009年10月14日). 2013年10月2日閲覧。
  4. ^ Kanamori(1977) (PDF) Kanamori, H., 1977, The energy release of great earthquakes, J. Geophys. Res. 82, 2981-2987.
  5. ^ 大森政則(2001) (PDF) 大森政則(2001): 東北日本を対象とした1960年チリ地震津波の数値解析, 土木学会第57回年次学術講演会
  6. ^ チリ地震津波 - OCN[リンク切れ]
  7. ^ USGS Historic Earthquakes, Chile 1960 May 22 19:11:14 UTC Magnitude 9.5, The Largest Earthquake in the World
  8. ^ 大木聖子, 纐纈一起『超巨大地震に迫る- 日本列島で何が起きているのか』NHK出版新書、2011年
  9. ^ 東京大学地震研究所 2011年 東北地方太平洋沖地震 過去に起きた大きな地震の余震と誘発地震 東京大学地震研究所 広報アウトリーチ室
  10. ^ Engdahl and Villaseñor, 2002 (PDF) The Centennial Catalog
  11. ^ 世界の沈み込み帯における巨大地震・津波の履歴 第197回地震予知連絡会(2012年11月21日)議事概要
  12. ^ 藤井敏嗣、Newton, 2013年2月号、ニュートンプレス
  13. ^ Plafker(1970) Plafker, G. and Savage, J. C.(1970): Mechanism of the Chilean earthquakes of May 21 and 22, 1960, Geol. Soc. Am. Bull., 81, 1001-1030.
  14. ^ Cifuentes(1989) Cifuentes, I.L.(1989): The 1960 Chilean earthquake, J. Geophys. Res., 94, 665-680.
  15. ^ Smylie(1968) D. E. Smylie and L. Mansinha(1968): Earthquakes and the observed motion of the rotation pole, JOURNAOL F GEOPHYSICARLE SEARCH, VOL.73, No.24.
  16. ^ 金森博雄 『岩波地球科学選書 地震の物理』岩波書店、1991年、p158#阿部勝征「極運動と大地震」
  17. ^ 津波到達時刻の5時間前に「避難警報」が出されていたが、津波見物に行った住人や津波は震源地であるチリがある南東方向からやってくると判断した住人が巻き込まれ亡くなっている。(ナショナルジオグラフィックチャンネル『警告!最大級の自然災害ビッグ4「壊滅的大地震の恐怖」』 2010年2月15日放送から)
  18. ^ NOAA May 22, 1960 South Central Chile Tsunami Amplitudes
  19. ^ 気象庁
  20. ^ NHK戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 第6回「三陸・田老 大津波と“万里の長城”

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]