1930 FIFAワールドカップ・グループA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1930 FIFAワールドカップ グループAではアルゼンチンチリフランスメキシコの4チームが組んだ。7月13日から7月22日まで6試合行い、アルゼンチンが決勝トーナメントへ進出した。

試合結果[編集]

チーム 勝ち点 試合数 得点 失点 得失点差
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 6 3 3 0 0 10 4 +6
チリの旗 チリ 4 3 2 0 1 5 3 +2
フランスの旗 フランス 2 3 1 0 2 4 3 +1
メキシコの旗 メキシコ 0 3 0 0 3 4 13 -9
1930年7月13日
15:00

フランス フランスの旗 4–1 メキシコの旗 メキシコ モンテビデオ, エスタディオ・ポシトス
観客: +3000人
主審: Lombardi (ウルグアイ)
ローラン 19分
ランジェール 40分
マシノ 43分, 87分
カレノ 70分

1930年7月15日
16:00

フランス フランスの旗 0–1 アルゼンチンの旗 アルゼンチン モンテビデオ, エスタディオ・パルケ・セントラル
観客: ~18000人
主審: Rege (ブラジル)
  モンティ 81分

1930年7月16日
14:45

メキシコ メキシコの旗 0–3 チリの旗 チリ モンテビデオ, エスタディオ・パルケ・セントラル
観客: ~7000人
主審: Christophe (ベルギー)
  スビアブレ 3分, 52分
ビダル 65分

1930年7月19日
12:50

フランス フランスの旗 0–1 チリの旗 チリ モンテビデオ, エスタディオ・センテナリオ
観客: ~50000人
主審: Tejada (ウルグアイ)
  スビアブレ 65分

1930年7月19日
15:00

メキシコ メキシコの旗 3–6 アルゼンチンの旗 アルゼンチン モンテビデオ, エスタディオ・センテナリオ
観客: ~50000人
主審: Saucedo (ボリビア)
M・ロサス 42分 PK, 65分
ガイオン 75分
スタービレ 8分, 17分, 80分
スメルス 12分, 55分
バラーロ 53分

1930年7月22日
14:45

アルゼンチン アルゼンチンの旗 3–1 チリの旗 チリ モンテビデオ, エスタディオ・センテナリオ
観客: ~35000人
主審: Langenus (ベルギー)
スタービレ 12分, 13分
M・エヴァリスト 51分
スビアブレ 15分

フランス対メキシコ[編集]

日曜日, 1930年7月13日,
15:00 - エスタディオ・ポシトス, モンテビデオ - 観客: +3000人

フランス フランスの旗 4–1
(3–0)
メキシコの旗 メキシコ
ローラン 19分 70分 カレノ
ランジェール 40分
マシノ 43分, 87分

フランス対アルゼンチン[編集]

火曜日, 1930年7月15日,
16:00 - エスタディオ・グラン・パルケ・セントラル, モンテビデオ - 観客: ~18000人

フランス フランスの旗 0–1
(0–0)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
81分 モンティ

メキシコ対チリ[編集]

水曜日, 1930年7月16日,
15:00 - エスタディオ・グラン・パルケ・セントラル, モンテビデオ - 観客: ~7000人

メキシコ メキシコの旗 0–3
(0–1)
チリの旗 チリ
3分, 52分 スビアブレ
65分 ビダル