1930年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1930年の日本公開映画』 (1930ねんのにほんこうかいえいが) は、1930年 (昭和5年) 1月1日から1930年12月31日までに日本で公開された映画の一覧である。一般劇場公開のみで、映画祭などイベント上映を除く。

1月公開作品[編集]

  • アスファルト(ドイツ) - キネマ旬報ベスト外国無声映画1位
  • アンナ・カレニナ(アメリカ)
  • ヴァージニアン(アメリカ)
  • 巨人(アメリカ)
  • 黒時計聯隊(アメリカ)
  • スイーティー(アメリカ)
  • ストリート・ガール(アメリカ)
  • 空の王者(アメリカ)
  • 東洋の秘密(ドイツ)
  • 熱砂果つるところ(アメリカ)
  • ピカデリィ(イギリス)
  • ブロードウェイ・メロディー(アメリカ)
  • マチステのサーカス(イタリア)
  • モンテニジオの馭者(イタリア)
  • 5日
  • 26日

2月公開作品[編集]

  • 硝子箱の処女(アメリカ)
  • これぞ天国(アメリカ)
  • 嫉妬(アメリカ)
  • 死の銀嶺(ドイツ)
  • シャーロック・ホームズ(アメリカ)
  • 破戒(アメリカ)
  • パンドラの箱(ドイツ)
  • リオ・リタ(アメリカ)
  • 6日

3月公開作品[編集]

  • アメリカ娘に栄光あれ(アメリカ)
  • グレイト・ガッボ(アメリカ)
  • 幸運の星(アメリカ)
  • 春宵巴里合戦(アメリカ)
  • スピオーネ(ドイツ)
  • ハリウッド・レヴィユー(アメリカ)
  • ハンガリア狂想曲(ドイツ)
  • 1日
  • 7日
    • 進軍(日本)
  • 14日

4月公開作品[編集]

  • 踊る娘達(アメリカ)
  • 喝采(アメリカ)
  • 帰郷(ドイツ) - キネマ旬報ベスト外国無声映画3位
  • 砂漠の生霊(アメリカ)
  • シンギング・フール(アメリカ)
  • テレーズ・ラカン(ドイツ)
  • 半分天国(アメリカ)
  • 冷汗三斗大車輪(イタリア)
  • 薮睨みの世界(アメリカ)
  • 淪落の女の日記(ドイツ)
  • 10日
  • 11日
  • 26日

5月公開作品[編集]

  • 女の秘密(アメリカ)
  • 快走王(アメリカ)
  • 激流恋をのせて(アメリカ)
  • サラアとその子(アメリカ)
  • 都会の女(アメリカ)
  • 七日間の休暇(アメリカ)
  • パンチネロ(ドイツ)
  • 15日
    • 続大岡政談 魔像篇第一(日本) - キネマ旬報ベスト日本時代映画1位
  • 24日

6月公開作品[編集]

  • 君知るやわが悩み(アメリカ)
  • 野生の蘭(アメリカ)
  • 老番人(アメリカ)
  • ローズ・マリー(アメリカ)
  • 20日

7月公開作品[編集]

  • 河宿の夜(アメリカ)
  • テキサス無宿(アメリカ)
  • 春来たりなば(フランス)
  • 6日
  • 15日
    • 素浪人忠弥(日本) - キネマ旬報ベスト日本時代映画3位
  • 27日

8月公開作品[編集]

  • アイスクリーム艦隊(アメリカ)
  • 悪魔の日曜日(アメリカ)
  • サニー・サイド・アップ(アメリカ)
  • ジャズ・シンガー(アメリカ)
  • ハッピイ・デイズ(アメリカ)

9月公開作品[編集]

  • 恋の花園(アメリカ)
  • テンダーロイン(アメリカ)
  • ニーナ・ペトロヴナ(ドイツ)
  • バード少将南極探検(アメリカ)
  • パラマウント・オン・パレード(アメリカ)
  • ラヴ・パレード(アメリカ) - キネマ旬報ベスト外国発声映画2位
  • 六十八番の花嫁(ドイツ)

10月公開作品[編集]

  • アジアの嵐(ソ連) - キネマ旬報ベスト外国無声映画2位
  • 悪漢の唄(アメリカ)
  • 恋多き女(アメリカ)
  • 高等恋愛術(アメリカ)
  • 極楽島満員(アメリカ)
  • 最後の一人(アメリカ)
  • 西部戦線異状なし(アメリカ) - キネマ旬報ベスト外国発声映画1位
  • 天使の顔(アメリカ)
  • 屠殺者(アメリカ)
  • 二重結婚(ドイツ)
  • 放浪の王者(アメリカ)
  • 我が心の歌(アメリカ)
  • 3日
  • 17日
    • 旋風時代(日本) - キネマ旬報ベスト日本時代映画2位

11月公開作品[編集]

  • 暁の偵察(アメリカ)
  • エロ大行進曲(アメリカ)
  • 女は嘘つき(アメリカ)
  • スポーツ王国(アメリカ)
  • 巴里見るべし(アメリカ)
  • ハレルヤ(アメリカ)
  • 悲歌(ドイツ)
  • 伯林の処女(ドイツ)
  • 令嬢暴力団(アメリカ)
  • 恋愛戦線(アメリカ)
  • 若殿頑張る(アメリカ)
  • 15日
    • 若者よなぜ泣くか(日本) - キネマ旬報ベスト日本現代映画2位

12月公開作品[編集]

  • 足が第一(アメリカ)
  • アルプスの悲劇(アメリカ)
  • 海の巨人(アメリカ)
  • キートンのエキストラ(アメリカ)
  • 死の花嫁(ドイツ)
  • 接吻(アメリカ)
  • トレント大事件(アメリカ)
  • 恋愛四重奏(アメリカ)
  • 12日
    • お嬢さん(日本) - キネマ旬報ベスト日本現代映画2位

関連項目[編集]