1912年民主党全国大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1912年民主党全国大会
1912年アメリカ合衆国大統領選挙
President Woodrow Wilson portrait December 2 1912.jpg Thomas Riley Marshall headshot.jpg
ウィルソンとマーシャルが指名された
大会概要
期間 6月25日 - 7月2日
都市 メリーランド州ボルティモア
会場 フィフス・レジメント・アーモリー
候補者
大統領候補 ウッドロウ・ウィルソン (ニュージャージー州)
副大統領候補 トマス・R・マーシャル (インディアナ州)
1908 ·  1916

1912年民主党全国大会 (1912 Democratic National Convention) は、1912年6月25日から7月2日までボルティモアで開催された。主な候補は、チャンプ・クラーク下院議長(ミズーリ州)とウッドロウ・ウィルソン州知事ニュージャージー州)である。クラークは多くの代表と共に大会に参加したが、指名確保に必要とされる3分の2以上の多数を獲得した者はいなかった。長い膠着の果てに、民主党の元大統領候補ウィリアム・J・ブライアンはウィルソンへ支持票を投じ、ウィルソンは46度目の投票で指名された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

先代:
1908年民主党全国大会
民主党全国大会
1912年
次代:
1916年民主党全国大会