1910年-1911年恐慌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1910年-1911年恐慌(1910ねん-1911ねんきょうこう、Panic of 1910–1911)は、シャーマン法の施行後に起きた軽度の景気後退であった。概して証券市場や特にスタンダード・オイルの破綻と共に独占禁止法の運用から苦しんでいたトレーダーに影響を与えた。

関連項目[編集]

参照[編集]