1902年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1902年 社会 0 政治/経済//労働/教育/交通/鉄道
文化・芸術 0 映画日本公開)/音楽/日本のテレビ
ラジオ/芸術/文学/出版/スポーツ
科学・技術 0 科学/気象・地象・天象/台風/航空
地域 0 日本/日本の女性史

< 1902年

1901年の航空 - 1902年の航空 - 1903年の航空

航空に関する出来事[編集]

ライト兄弟の3号グライダー
  • 1902年 - ライト兄弟が3号グライダーで、700回以上の滑空実験を行った。
  • 1月17日 - グスターヴ・ホワイトヘッドが、エンジン付きの機体「ナンバー22」でロング・アイランド海峡を越える10km(7マイル)の飛行をしたと主張。
  • 2月4日 - 南極大陸で、ロバート・スコットアーネスト・シャックルトンが初の気球による飛行を行う。水素気球で240m上昇し、空中写真を撮った。
  • 4月30日 - アメリカの技術者、オクターヴ・シャヌートがミズーリ州で開かれたセントルイス航空展覧会で1896年に作ったグライダーによる飛行の展示をおこなった。
  • 5月12日 - ブラジル人のアウグスト・セヴェーロが設計した飛行船「Pax号」がパリで飛行中に爆発し、セヴェーロら2人の乗員が死亡した。
  • 5月15日 - アメリカでライマン・ギルモアが、蒸気機関を搭載した固定翼機で飛行に成功したと主張。
  • 10月13日 - パリで、ハンガリー生まれのフランスの外交官、Herlad de Bradskyと電気技師ポール·モランが飛行船のテスト飛行で、約600フィート(183メートル)の高度で、ゴンドラが外れる事故を起こし、2人は死亡した[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Phythyon, John R., Jr., Great War at Sea: Zeppelins, Virginia Beach, Virginia: Avalanche Press, Inc., 2007, p. 41

関連項目[編集]