ポンス・ブルックス彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
12Pから転送)
移動: 案内検索
ポンス・ブルックス彗星
10P/Pons-Brooks
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  ジャン=ルイ・ポン
ウィリアム・ロバート・ブルックス
発見日  1812年7月12日
符号・別名  1812; 1884 I; 1954 VII
軌道要素 - IAUNASA
元期
離心率 (e)  0.955
近日点距離 (q)  0.77 AU
軌道長半径 (a)  17.13 AU
遠日点距離 (Q)  33.8 AU
公転周期 (P)  70.9
軌道傾斜角 (i)  74.2°
近日点引数 (ω) 
昇交点黄経 (Ω) 
前回近日点通過  1954年5月22日
次回近日点通過  2024年4月21日

ポンス・ブルックス彗星(12P/Pons-Brooks)は、周期71年の周期彗星である。カール・セーガンは、紀元前1486年に中国で観測され、世界中の一神教の誕生に影響を与えた彗星ではないかと推測している[要出典]

発見[編集]

ポンス・ブルックス彗星は、1812年7月12日にジャン=ルイ・ポンによって発見され、同年の8月1日にVincent Wisniewski、8月2日にアレクシス・ブヴァールによっても独立に発見された。1883年にも、この彗星は偶然にウィリアム・ロバート・ブルックスによって「発見」され、後に同一の天体であると確認された。最初の発見のすぐ後には、周期は誤差5年程度を含む約70年と推定された。ヨハン・フランツ・エンケは、70.68年の周期を持つ軌道を計算で求めた。この軌道によって、1883年に再び戻ってくるという天体暦が作られたが、ブルックスに再発見されるまで、探索はうまくいかなかった。

軌道[編集]

軌道傾斜角は74.2°と急で、他の天体と相互作用をしうる黄道面にはほとんど留まらない。1740年から2167年までは、他の惑星からの摂動をほとんど受けず、軌道は安定であると考えられている[1]ジェット推進研究所のウェブサイトでは、1900年から2200年の間の摂動は、1957年7月29日に土星から1.6天文単位の距離を通過した一度だけであるとされている[2]

出典[編集]

  1. ^ Kronk, Gary W. (2001–2005). “12P/Pons-Brooks”. 2009年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月7日閲覧。 (Cometography Home Page)
  2. ^ JPL Close-Approach Data: 12P/Pons-Brooks” (1954-08-23 last obs). 2009年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]


前の彗星:
テンペル・スイフト・LINEAR彗星
周期彗星
ポンス・ブルックス彗星
次の彗星:
オルバース彗星