1001

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1000 1001 1002
素因数分解 7×11×13
二進法 1111101001
八進法 1751
十二進法 6B5
十六進法 3E9
二十進法 2A1
ローマ数字 MI
漢数字 千一
大字 千壱
算木 Counting rod h1.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.pngCounting rod v1.png

1001(せんいち)は、1000の次、1002の前の整数である。

性質[編集]

  • 1001は合成数であり、約数1,7,11,13,77,91,143と1001である。
  • 一桁の数を除くと100番目の回文数であり、四桁で一番小さな回文数。10012 = 1002001 , 10013 = 1003003001 , 10014 = 1004006004001 もまた回文数である。
  • 26番目の五角数である。一つ前は925、次は1080
    • 五角数楔数になる6番目の数である。1つ前は782、次は1162。
  • 11番目の五胞体数である。一つ前は715、次は1365。
  • 136番目の楔数である。一つ前は994、次は1002。
    • 4桁では最小の楔数である。
    • 3連続素数の積で表される4番目の数である。1つ前は385、次は2431。
      • 1001=7×11×13となることより3桁の数を2つ並べた数を作ると必ず7でも11でも13でも割りきれる数となる。例.123123=123×1001=17589×7=11193×11=9471×13

その他1001に関連すること[編集]

関連項目[編集]