10月6日市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

10月6日市(10がつ6かし、英語: 6th of October Cityアラビア語: مدينة السادس من أكتوب‎)は、エジプトギーザ県にある都市である。2011年4月までは旧10月6日県の県都でもあった。10月6日とは、サダト元大統領が暗殺された日である。

概要[編集]

エジプト北西部のギーザ県、ピラミッドの近くにある、首都カイロの衛星都市。歴史はまだ浅く、様々な国籍の学生が滞在している国際的な都市でもある。市域面積は400㎢、人口は50万人を数えるこの町では現在開発が進んでおり、多数の企業、ミスル科学技術大学ナイル大学10月6日大学などの多数の大学、空港、広大な工業団地が存在する。また、アフリカサッカー連盟(CAF)の本部所在地でもある。

外部リンク[編集]

市ホームページ(アラビア語)