1/6の夢旅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1/6の夢旅人(ろくぶんのいちのゆめたびびと)は、シンガーソングライターである樋口了一北海道テレビ放送(HTB)制作のバラエティ番組「水曜どうでしょう」のために制作した楽曲。

略称は「1/6」など。関連する楽曲もここで取り上げる。

1/6の夢旅人[編集]

「1/6の夢旅人」(以下、「1/6」)は「水曜どうでしょう」の企画「ヨーロッパ21ヵ国完全制覇」(1997年)の際に作られた。1997年当時、どうでしょう出演者の鈴井貴之エフエム北海道(愛称「Air-G'」)でラジオ番組『GO・I・S』のパーソナリティーを担当。ヨーロッパロケの為に1週間近く番組を離れることとなり、その時のパーソナリティー代理として『モザイクな夜』を通じて鈴井と親交のあった樋口了一が担当した。この時にどうでしょうの応援歌として作られたのが「1/6」である。

その後、1999年から始まった「水曜どうでしょう」の再放送版である「どうでしょうリターンズ」のエンディングテーマ曲として採用された。

樋口と「どうでしょう」の出会い[編集]

樋口と「水曜どうでしょう」の出会いは同番組の企画「サイコロ3」である。大泉洋を東京に連れて行くため、ロケ前日の『GO・I・S』にゲスト出演した「樋口了一のお宅訪問」をその名目とした。それを大泉に明かすため、大泉と番組ディレクター2名の3人がAIR-G'で鈴井の密着取材を行った。大泉は『GO・I・S』生放送中のスタジオを見学。鈴井と樋口のトークが行われ、その際にお宅訪問とそれによる東京行きが明らかにされた。

「リターンズ」エンディングテーマに採用[編集]

「どうでしょうリターンズ」のエンディングテーマとして採用されたため「水曜どうでしょう」のエンディングテーマと認識されることが多いが、「リターンズ」のみのエンディングテーマである。「水曜どうでしょう」では番組内の挿入歌として、サイコロ4で初登場したのを皮切りに、原付東日本縦断ラリーで海が見えたときなどに大泉が「1/6」を口ずさむシーンが流された。

権利問題の発生[編集]

しかし「1/6」の権利が移行する問題が発生した。樋口が曲の部分(メロディ)を1998年に発売したV6のシングル「Be Yourself!」のカップリング曲(B面)「always」の曲として提供、採用されたことにより、著作権の管理がジャニーズ事務所エイベックス音楽出版子会社扱いとなった。これにより番組内での使用に許可が要るなどの問題が生じたことで、「リターンズ」のエンディングテーマとしては採用されていたものの、「水曜どうでしょう」本編では使用されなくなってしまった。[1]

CD「1/6の夢旅人2002」特典映像の樋口や大泉らの発言から、樋口がすでに番組が終了していたと思い、曲をそのまま提供してしまったためとされる。

この権利問題解消まで、該当場面のカットや曲の差し替えなど、各種改変を強いられることとなった。

1/6の夢旅人2002[編集]

2002年、新たに作曲し直した「1/6の夢旅人2002」を発表。これまでの権利問題を解消するため、さらには「水曜どうでしょう」のレギュラー放送終了がほぼ決まったことなどから、詞の部分はあまり手直しをせずに新たに作曲し直した。

2002年9月に「1/6の夢旅人2002」として「原付ベトナム縦断1800km」最終夜のエンディングで放送された。

1/6の夢旅人2002~saicorne ver./featuring 大泉洋~[編集]

DVD第4弾のシークレット映像「ミスターのいいじゃないか!踊り」のテーマソング。樋口了一のアルバム「Lives」に収録されたラテン風バージョンである。

この曲は、featuring 大泉洋ということで大泉洋も参加している。これは、1/6の夢旅人2002のCDエクストラ映像内で大泉が印税(カネ)かなんかにからみたい(藤村D・説)としつこく発言したことが、参加の理由に少しでも入っていると思われる。作品内で大泉はラテン系のアレンジに合わせ、叫び声などの合いの手を入れ陽気な楽曲を盛り上げているが、よく聴くとどうでしょう班の名前や、彼らにまつわることを連呼しているのがわかる。

その後、2005年10月に行われたどうでしょう祭のメインテーマ曲として使用された。

著作権問題の解消、CD発売[編集]

その後、メロディ部分の著作権問題が解消され「always」のメロディを「1/6」として使用できるようになった。これによってようやくCD化できることになり、また「水曜どうでしょう」でも再び使用できるようになった。

マスターテープを持っていなかった樋口はこの機会に再アレンジの上、アコースティックギターをメインに据えて再レコーディングを行い、さらにHTBのライブラリにあったどうでしょうで使われたオリジナルバージョンも収録されたCD「1/6の夢旅人/二度目のありがとう」を2005年に発売した。またその直後の5月11日にHTBで放送された水曜どうでしょうclassic「サイコロ4 第3夜」の中でも挿入歌(DVD全集9巻以降はエンディング曲にも使用されるようになった)としてこの曲が久々に放送され、その後も番組内で使用され続けている。

発売されたCD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なおV6のメンバーは2008年9月13日・20日放送の「V6 Next Generation」(JFN系)でこの件について触れ、「1/6」の存在を知らなかったこと、事務所やレコード会社からこの権利問題について一切聞かされなかったこと等を明かしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]