1-ウンデカノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1-ウンデカノール[1]
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 112-42-5 チェック
PubChem 8184
UNII 06MJ0P28T3 ×
ChEMBL CHEMBL444525 ×
特性
化学式 C11H24O
モル質量 172.31 g/mol
外観 無色液体
密度 0.8298 g/mL
融点

19 °C, 292 K, 66 °F

沸点

243 °C, 516 K, 469 °F

への溶解度 不溶
エタノールジエチルエーテルへの溶解度 可溶
危険性
引火点 >82 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

1-ウンデカノール(1-Undecanol)は、脂肪族アルコールである。無色、水に不溶で、融点は19℃、沸点は243℃である。

利用と製造[編集]

花や柑橘のような香りと脂肪の風味を持ち、食品添加物として用いられる。アナログのアルデヒドである1-ウンデカナール還元して作られる[2]

天然[編集]

1-ウンデカノールは、果実リンゴバナナ)、バター豚肉等、多くの食物に含まれる[3]

毒性[編集]

1-ウンデカノールは、皮膚や目、肺を刺激する。摂取の際の毒性は、エタノールと同程度である[4]

出典[編集]

外部リンク[編集]