1,1-ジクロロエタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

1,1 - ジクロロエタン
構造式 1,1-ジクロロエタン
IUPAC名 1,1-dichloroethane
分子式 C2H4Cl2
分子量 98.96
CAS登録番号 [75-34-3]
密度 1.2 g/cm3,
相対蒸気密度 3.4(空気 = 1)
融点 -98 °C
沸点 57 °C
SMILES CC(Cl)Cl
出典 ICSC

1,1-ジクロロエタンは、ハロゲン系炭化水素に属する有機化合物である。エチリデンジクロリドとも呼ばれる。クロロホルム様の臭気を持つ無色の液体である。水に難溶であるが、ほとんどの有機溶媒には可溶である。 各種溶媒や洗浄剤、殺虫燻蒸剤やハロン消火器などにも用いられる。また耐高真空性のゴムの製造や、温度感受性物質の抽出にも用いられる。以前は手術時の吸入麻酔としても用いられていた。

400~500°Cで10MPaまで加圧すると、熱分解によりクロロエチレンが生成する。

性質[編集]

有毒である。光分解により生成したヒドロキシラジカルと容易に反応するため、大気中の半減期は62日である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]