07式機動支援橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
架橋された状態の07式機動支援橋の橋体
通過している車両は92式地雷原処理車(手前)及び91式戦車橋(奥)

07式機動支援橋(まるななしき きどうしえんきょう、英語: Mobility support bridge, 略号:07MSB)は、陸上自衛隊施設科の装備する架橋器材のひとつである。

概要[編集]

81式自走架柱橋では90式戦車99式自走155mmりゅう弾砲などの装備に対応できず、架柱(橋脚)を用いて架橋するため河川の水量や流速および河床の土質など制限があることから、新架橋として2003年(平成15年)から開発を開始し、2007年(平成19年)に制式化された。開発経費は約32億円である。

開発にあたり架橋の制限を受けないよう、途中に橋脚が不要な単径間橋を採用し、迅速に架橋する為に作業の自動化が進められている。

構成[編集]

架設車1両・ビーム運搬車1両(中間ビーム6本・端部ビーム2本)・橋節運搬車4両(中間橋節6台・端部橋節2台)・支持装置や補強リンク等の付属品で一式が構成される。架設車及び運搬車には7tトラック(74式特大型トラック)が用いられている。

架橋作業は架設車が支持装置を用いてビーム(梁)を対岸まで繰り出した後、橋節をビームの上に繰り出して対岸まで渡すことによって橋として完成する。

諸元・性能等[編集]

  • 橋梁
    • 橋梁長:最長60m
    • 橋梁幅員:4,200mm
    • 橋梁等級:CL60(90式戦車)~CL50(10式戦車
    • 橋梁型式:単径間橋
  • 橋節運搬車
    • 全長:11,000mm
    • 全幅:3,000mm
    • 全高:3,700mm
    • 全備重量:25,000kg
    • 乗員:3名
    • 最高速度:85km/h

装備部隊[編集]

出典・外部リンク[編集]

関連項目[編集]