.NET Compact Framework

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Microsoft .NET Compact Framework (マイクロソフト ドットネット コンパクト フレームワーク、.NET CF)とは、Microsoftが開発し、Windows CEベースのモバイル・組み込みデバイス上で動作するように設計された、アプリケーション開発・実行環境。

概要[編集]

.NET Compact Frameworkは、いくつかのフル版.NET Frameworkのクラスライブラリと、Windows CE InputPanel等のモバイルデバイスに特化したライブラリを使用する。しかし、.NET Compact Frameworkが持つライブラリは.NET Frameworkの完全なコピーではなく、より少ないスペース、リソース環境下において使用できるよう縮小されている。

特徴[編集]

.NET Frameworkと比較すると、スマートデバイスでは不必要な機能・APIなどがサポートされない代わりに、メモリやCPUサイクルなどの面がバッテリ動作機器向けに最適化されていたり、赤外線接続(IrDA)がサポートされるなど、全体として携帯情報端末向けに特化している。

互換性[編集]

プラットフォームがMicrosoft .NET Compact Frameworkランタイムをサポートしなければ、.NET Compact Frameworkによってアプリケーションを動作させる事は出来ない。.NET Compact Frameworkを含むオペレーティングシステムには、Windows CE 4.1、Microsoft Pocket PC、Microsoft Pocket PC 2002、Smartphone 2003がある。.NET Compact Frameworkアプリケーションは、フルセット.NET Frameworkと.NET CFの両フレームワークが共有する機能のみを使用する場合に限り、デスクトップコンピュータ上でも動作させる事ができる。この時、デスクトップPC上での操作に特化したユーザーインターフェースにアップグレードするような事はない。

開発環境[編集]

Visual Studio.NET 2003、Visual Studio 2005、Visual Studio 2008、Visual Studio 2012等の開発環境において、.NET Compact Frameworkを用いたアプリケーションを開発できる。

リリース履歴[編集]

.NET バージョン名 バージョン番号 リリース日
1.0 RTM 1.0.2268.0 2002年後半
1.0 SP1 1.0.3111.0 2003年
1.0 SP2 1.0.3316.0 不明
1.0 SP3 1.0.4292.0 2005年1月
2.0 RTM 2.0.5238.0 2005年10月
2.0 SP1 2.0.6129.0 2006年6月
2.0 SP2 2.0.7045.0 2007年3月
3.5 Beta 1 3.5.7066.0 2007年5月
3.5 Beta 2 3.5.7121.0 不明
3.5 RTM 3.5.7283.0 2007年11月19日
3.5 3.5.7283.0 2008年1月25日
3.5 3.5.9198.0 2009年7月20日
3.5 3.5.10181.0 不明 (ホットフィックス, 2010年 7月)
3.5 3.5.11125.0 不明 (ホットフィックス, 2011年 5月)
3.7 3.7.0.0 2009年6月8日18:38
3.7 3.7.8345.0 2009年
3.9 不明 不明


関連項目[編集]

外部リンク[編集]