(65407) 2002 RP120

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(65407) 2002 RP120」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(65407) 2002 RP120
仮符号・別名 2002 RP120
分類 小惑星
軌道の種類 ダモクレス族
逆行
発見
発見日 2002年9月4日
発見者 LONEOS
B. A. スキッフ
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 54.570 AU
近日点距離 (q) 2.486 AU
遠日点距離 (Q) 106.65 AU
離心率 (e) 0.954
公転周期 (P) 403.13
軌道傾斜角 (i) 119.29
近日点引数 (ω) 357.94 度
昇交点黄経 (Ω) 39.01 度
平均近点角 (M) 8.92 度
前回近日点通過 2002年
次回近日点通過 2405年頃
物理的性質
直径 14.6 km
質量 3.1 ×1015 kg
平均密度 2 ? g/cm3
表面重力 0.0040 m/s2
脱出速度 0.0076 km/s
自転周期 200 時間
(8.33 日)
絶対等級 (H) 12.113
アルベド(反射能) 0.098
表面温度 ~37 K
■Project ■Template

(65407) 2002 RP120は、非常に稀な逆行小惑星小惑星番号を持つものとしては (20461) ディオレッツァに次いで2個目)であり、かつては番号登録された小惑星の中では最も軌道が直立していた。ローウェル天文台のサーベイによって発見された。

分類的には不明確で、一応ダモクレス族彗星のように離心率が高い天体で、軌道傾斜角が直角に近い場合もある)であり、散乱円盤天体海王星によって黄道面よりはじき出された太陽系外縁天体)でもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]