(59358) 1999 CL158

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(59538) 1999 CL158」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(59538) 1999 CL158
仮符号・別名 1999 CL158
分類 小惑星
軌道の種類 太陽系外縁天体(TNO)
軌道要素と性質
元期:TDB 2456200.5 (2012年9月30.0日)
軌道長半径 (a) 41.584 ± 0.009 AU
近日点距離 (q) 32.812 ± 0.003 AU
遠日点距離 (Q) 50.36 ± 0.01 AU
離心率 (e) 0.2110 ± 0.0001
公転周期 (P) 97946 ± 33 日
(268.16 ± 0.09 年)
平均軌道速度 0.003676 ± 0.000001 度/日
軌道傾斜角 (i) 010.02059 ± 0.0004 度
近日点引数 (ω) 328.33 ± 0.03 度
昇交点黄経 (Ω) 120.05473 ± 0.0003 度
平均近点角 (M) 040.91 ± 0.03 度
前回近日点通過 JED 2445071 ± 5
(1982年4月11日)
次回近日点通過 JED 2543017 ± 38
(2250年6月11日)
物理的性質
直径 183 km
絶対等級 (H) 6.9456 ± 0.39619
アルベド(反射能) 0.09
表面温度 38 ~ 48 K
(235 ~ 245 ℃)
発見
発見日 1999年2月11日
発見者 ジェーン・ルー
チャドウィック・トルヒージョ
デビッド・C・ジューイット
別名称
別名称
59358
1999 CL158
■Project ■Template

(59358) 1999 CL158とは、太陽系外縁天体の1つである。

1999 CL158は、1999年2月11日ジェーン・ルーチャドウィック・トルヒージョデビッド・C・ジューイットによって発見された。絶対等級は6.95等級であり、直径は183kmであると推定されている。

1999 CL158は、軌道長半径32.8AU、離心率0.21の軌道を268年かけて公転している。しかしその軌道は不安定であり、10万年以内に太陽系から排除されてしまうと考えられている。

出典[編集]

関連項目[編集]


前の小惑星:
(59357) 1999 CB154
小惑星
(59358) 1999 CL158
次の小惑星:
(59359) 1999 DV