(15874) 1996 TL66

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(15874) 1996 TL66」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(15874) 1996 TL66
仮符号・別名 1996 TL66
分類 太陽系外縁天体
軌道の種類 散乱円盤
発見
発見日 1996年10月9日
発見者 C. A. トルヒージョ
D. C. ジューイット
J. X. ルー
J. チェン
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 84.246 AU
近日点距離 (q) 35.013 AU
遠日点距離 (Q) 133.48 AU
離心率 (e) 0.584
公転周期 (P) 773.28
軌道傾斜角 (i) 23.95
近日点引数 (ω) 184.47 度
昇交点黄経 (Ω) 217.74 度
平均近点角 (M) 4.27 度
前回近日点通過 2001年頃
次回近日点通過 2774年頃
物理的性質
直径 575 ± 115 km[1]
質量 2.6? ×1020 kg
平均密度 2.0? g/cm3
表面重力 ~0.17 m/s2
脱出速度 ~0.33 km/s
絶対等級 (H) 5.4
アルベド(反射能) 0.034-0.037[1]
表面温度 ~31 K
■Project ■Template

(15874) 1996 TL66は、軌道の大部分がエッジワース・カイパーベルトより外側にある太陽系外縁天体の一つ。1996年にイギリスの天文学者デビッド・C・ジューイットらによって、マウナケア天文台群の望遠鏡を用いた観測で発見された。その1年前に発見された1995 TL8の分類がまだ決まっていなかったため、散乱円盤天体に分類された最初の天体となった。発見された当時は外縁天体で最も大きいものの一つだった。

1996 TL66は軌道長半径約83天文単位の軌道で太陽の周りを回っている。スピッツァー宇宙望遠鏡での観測により、直径は575km程度で表面は非常に暗い(アルベドが小さい)とみられている[1]マイケル・E・ブラウンによれば、直径400km以上の外縁天体は冥王星型天体の条件である「静水圧平衡状態(球に近い形状)」を保っている可能性がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c John Stansberry, Will Grundy, Mike Brown, Dale Cruikshank, John Spencer, David Trilling, Jean-Luc Margot (2007年). “Physical Properties of Kuiper Belt and Centaur Objects: Constraints from Spitzer Space Telescope”. University of Arizona, Lowell Observatory, California Institute of Technology, NASA Ames Research Center, Southwest Research Institute, Cornell University. 2008年1月24日閲覧。
  2. ^ Mike Brown. “The Dwarf Planets”. 2010年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]