龍安寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
龍安寺
RyoanJi-Dry garden.jpg
方丈庭園(石庭)
所在地 京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13
位置 北緯35度2分4.18秒 東経135度43分5.71秒 / 北緯35.0344944度 東経135.7182528度 / 35.0344944; 135.7182528座標: 北緯35度2分4.18秒 東経135度43分5.71秒 / 北緯35.0344944度 東経135.7182528度 / 35.0344944; 135.7182528
山号 大雲山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦如来
創建年 宝徳2年(1450年
開基 細川勝元
義天玄承(開山)
文化財 方丈、太平記12冊(重要文化財)
方丈石庭(史跡・特別名勝)
庭園(名勝)
世界遺産
テンプレートを表示
山門

龍安寺(りょうあんじ)は、京都府京都市右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院。妙心寺の境外塔頭寺院である。石庭で知られる。山号を大雲山と称する。本尊は釈迦如来、開基(創立者)は細川勝元、開山(初代住職)は義天玄承である。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

歴史[編集]

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は、禅宗が盛んだった室町幕府管領守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が宝徳2年(1450年)に創建した禅寺である。衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は、藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来、徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものである。初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた。龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き、自分の師の日峰宗舜を開山に立てている。創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、京福電鉄の線路の辺りまでが境内であったという。

龍安寺は、開基細川勝元自身が一方の当事者であった応仁の乱(1467-1477年)で焼ける。勝元の子の細川政元と、4世住持・特芳禅傑によって長享2年(1488年)に再興された。寺では特芳を中興開山と称している。その後、豊臣秀吉江戸幕府が寺領を寄付して保護している。

近世の地誌類によれば、最盛期の龍安寺には塔頭が21か寺、軒を連ねていたという(現存するものは3か寺)。『都名所図会』のような絵入りの名所案内書(現代の旅行ガイドブックに相当)を見ると、当時、龍安寺の池はオシドリの名所として知られており、今日有名な石庭よりもむしろ、池を中心とした池泉回遊式庭園の方が著名であったらしい。

寛政9年(1797年)の火災で仏殿など主要伽藍が焼けたため、塔頭の1つである西源院の方丈を移築して龍安寺の方丈(本堂)とした。

境内[編集]

鏡容池

寺の南側には広大な鏡容池(きょうようち)があり、周囲は回遊式庭園になっている(国の名勝)。境内北側には方丈(本堂ともいう)、仏殿、茶室蔵六庵などが建ち、これらの西側には非公開の「西の庭」がある。西の庭には開基細川勝元の木像を祀る細川廟などがある。著名な石庭は方丈南側の土塀で囲まれた中にある。なお、寺の背後には第66代一条天皇を含め5人の天皇の陵墓がある。

  • 仏殿 - 1981年の再建。
  • 方丈(重要文化財) - 元の方丈が火災で失われた後、塔頭寺院の西源院の方丈を移築したもので、慶長11年(1606年)の建築である。本来ここには狩野派に手による71枚もの襖絵があったが、それらは明治期の廃仏毀釈の困窮により売却され散逸してしまった。現在のものは昭和に描かれたものであり画題も異なる。

石庭[編集]

方丈庭園(石庭)

方丈庭園(史跡・特別名勝) - いわゆる「龍安寺の石庭」である。幅 22 メートル、奥行 10 メートルほどの敷地に白砂を敷き詰め、帚目を付け、15個の石を一見無造作に5か所、点在させただけのシンプルな庭である。巨大な中国の山水の世界を日本人独特の感性を研ぎ澄まして写した「枯山水」の庭である。最大の特徴は、「水を感じさせるために水を抜く」ということで、水を見立てられるようなものを作る。白砂も大海をイメージし、岩は島というより山である。近世の地誌類には、室町幕府に仕えた相阿弥の作庭と伝えるが、作者、作庭年代、表現意図ともに諸説あって定かでない。作者として他に推測されている人物として、創建した細川勝元、その息子細川政元、開山の義天玄承金森宗和らがいるが、作者については未だに不明[1]。庭石の裏には「小太郎・□二郎」と刻まれた刻印がある。作者を示唆する暗号ではないかとされるが憶測の域を出ていない[2]

15個の石は、庭をどちらから眺めても、必ず1個は他の石に隠れて見えないように設計されているという。しかし、中の部屋から1ヶ所だけ15個の石全てが見える位置がある。ハルト・バン・パンダマイケル・ライオンズによれば、それは方丈の間の中心であり、15の石の配置は、ここを根元とする「二分岐構造」になっているという。ただし、この程度の面積の庭に15個の石を並べれば、そのうちの1つは隠れて見えなくなるのはむしろ当然のことだとする意見もあり、これを表現意図とする考え方には賛否両論がある。なお、東洋では十五夜(満月)にあたる15という数字を「完全」を表すものとしてとらえる思想があり、15に1つ足りない14は「不完全さ」を表すとされている。また、日本には、日光東照宮陽明門にみられるように、「物事は完成した時点から崩壊が始まる」という思想があり、建造物をわざと不完全なままにしておくことがある。

この庭には近世以来「虎の子渡しの庭」の別称がある。この庭を「虎の子渡し」という中国の説話と結び付けるのは伝承にすぎないが、参考までに説話の概略を以下に示す。

虎は、3匹の子供がいると、そのうち1匹は必ずどう猛で、子虎だけで放っておくと、そのどう猛な子虎が他の子虎を食ってしまうという。そこで、母虎が3匹の虎を連れて大河を渡る時は次のようにする。母虎はまず、どう猛な子虎を先に向こう岸に渡してから、いったん引き返す。次に、残った2匹のうち1匹を連れて向こう岸に行くと、今度は、どう猛な子虎だけを連れて、ふたたび元の岸に戻る。その次に、3匹目の子虎を連れて向こう岸へ渡る。この時点で元の岸にはどう猛な子虎1匹だけが残っているので、母虎は最後にこれを連れて向こう岸へ渡る。つまり、3匹の子虎を渡すのに3往復半する訳である。龍安寺の石庭はこの様子を表したものだという訳である。

イギリスエリザベス女王が1975年に日本を公式訪問した際、石庭の見学を希望。女王が石庭を絶賛したことが海外のマスコミでも報道された。そのため昨今では世界各地での日本のZEN()ブームと相俟って日本人より海外の観光客の来訪者の比率が高いといわれている。

文化財[編集]

知足の蹲踞

重要文化財[編集]

  • 方丈 - 慶長11年(1606年)建立の旧西源院方丈。重要文化財指定名称は「竜安寺本堂 附 玄関」。
  • 太平記12冊(重要文化財) - 『太平記』の古写本の代表的なもの。徳川光圀が本書を借用したことでも知られる。1929年に火災に遭い、全13冊のうちの1冊を焼失。残りの12冊も焼損痕が残っている。

史跡・特別名勝・名勝[編集]

  • 龍安寺庭園(国の名勝) - 鏡容池を中心とする庭園。
  • 龍安寺方丈庭園(国の史跡及び特別名勝) - いわゆる「龍安寺の石庭」。解説は既出。

その他[編集]

  • 知足の蹲踞(つくばい) - 茶室蔵六庵の露地にある。蹲踞は茶室に入る前に手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。ここの蹲踞には回転折句を使って「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、その意味合いから石庭の石が「一度に14個しか見ることができない」ことを「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれる。また水を溜めておくための中央の四角い穴が「吾唯知足」の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、そのため一見「五・隹・疋・矢」と読める。水戸光圀の寄進と伝承されているが、一般拝観者が見ることのできるものは複製である。

襖絵の帰還[編集]

襖絵(群仙図)

明治の廃仏毀釈により財政難に陥り、1895年に手放すこととなった龍安寺方丈襖絵のうち6面が2010年10月に当寺に戻った。東本願寺に売却後、伊藤伝右衛門など個人の手に渡るなどして散逸したもので、その一部は米国シアトル美術館に分蔵されている。2010年に戻った襖絵は、狩野派の絵師である狩野孝信の作と言われる「群仙図」20面のうち4面と「琴棋書画図」20面のうち2面で、米国のオークションに出品されたものであるが[3]、落札者が匿名で龍安寺に寄贈した。この襖絵は2010年12月から2011年3月まで、帰還後初めて一般公開された。

旧方丈襖絵のうち、他に所在の確認されているものは、メトロポリタン美術館所蔵の8面(襖4枚の表裏)、シアトル美術館所蔵の4面、イギリス個人所蔵の9面の計21面である[4]

拝観[編集]

山門の前に拝観券売り場があるが、石庭や方丈に入場せず、鏡容池周辺だけを鑑賞する人は拝観券を購入する必要はない。11月の下旬は紅葉も有名である。鏡容池のほとりの塔頭寺院である西源院は湯豆腐を出す寺院として知られる。

交通関連[編集]

京都市営バス 59系統、JRバス 高雄・京北線「龍安寺前」下車すぐ。より多数の系統のターミナルである京都市営バス立命館大学前バス停から徒歩7分。京福電鉄龍安寺駅下車徒歩7分。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]