黒田龍之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒田 龍之助(くろだ りゅうのすけ、1964年9月 - )は、日本スラブ語学者、言語学者。執筆と講演を中心に活動している。 父は落語家の6代目柳亭燕路。母は絵本作家のせなけいこ。妻はチェコ語学者の金指久美子[1]

経歴・人物[編集]

著書[編集]

  • 『ウクライナ語基礎1500語』大学書林、1995年
  • 『ベラルーシ語基礎1500語』大学書林、1998年
  • 『羊皮紙に眠る文字たち スラヴ言語文化入門』現代書館、1998年
  • 『外国語の水曜日 学習法としての言語学入門』現代書館、2000年
  • 『ロシア語のかたち』白水社、2002年
    • 『ロシア語のかたち(新版)』白水社、2013年
  • 『はじめての言語学』講談社現代新書、2004年
  • 『その他の外国語 役に立たない語学のはなし』現代書館、2005年
  • 『ロシア語へのパスポート(改訂版)』白水社、2005年 - 中島由美柳町裕子との共著
  • 『ロシア語のしくみ』白水社、2005年
  • 『ニューエクスプレス ロシア語』白水社、2007年
  • 『ポケットいっぱいの外国語』講談社、2007年
  • 『にぎやかな外国語の世界(地球のカタチ)』白水社、2007年
  • 『語学はやり直せる!』角川oneテーマ21、2008年
  • 『世界の言語入門』講談社現代新書、2008年
  • 『ぼくたちの英語』三修社、2009年
  • 『ロシア語の余白』現代書館 2010年
  • 『大学生からの文章表現』ちくま新書 2011年
  • 『ことばは変わる はじめての比較言語学』白水社、2011年 
  • 『初級ロシア語文法』三修社、2012年
  • 『外国語をはじめる前に』ちくまプリマー新書、2012年
  • 『ぼくたちの外国語学部』三修社、2013年


[編集]

  1. ^ 『ぼくたちの外国語学部』