黒田和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒田 和夫
人物情報
生誕 1917年4月1日
日本の旗 日本 福岡県
死没 2001年4月16日(満84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネバダ州ラスベガス
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 地球化学
研究機関 アーカンソー大学
主な受賞歴
テンプレートを表示

黒田 和夫(くろだ かずお、1917年4月1日 - 2001年4月16日)はアメリカ合衆国地球化学者

概要[編集]

アーカンソー大学名誉教授で、日本から米国に帰化した科学者の第一号とされる。通称はポール黒田。

ウラン235の存在比が現在より大きかった昔のウラン鉱床では環境条件が揃うと天然原子炉が形成される可能性があることを公開されたばかりのフェルミの原子炉理論を利用し予想した[2]。発表当初は懐疑的な見方が多かったが、後に西アフリカオクロの天然原子炉跡が発見され裏付けられた。また初期の太陽系にはプルトニウム244が存在したことを隕石中のPu-244が核分裂を起こした際に放出したとみられるキセノン含有量から証明をした。64人の博士号(Ph.D.)の学生を輩出し、著者または共著者として約400点の刊行物を発表した。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 黒田和夫 『温泉の科学』 長谷川書店1948年
  • 黒田和夫 『特殊試薬による化学分析』 河出書房〈化学集書〉、1948年
  • 黒田和夫 『皮膚病 : 種類・症状・生活上の注意』 文研出版〈文研リビングガイド〉、1977年
  • 黒田和夫 『17億年前の原子炉 : 核宇宙化学の最前線』 講談社〈ブルーバックス〉、1988年ISBN 4-06-132720-8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本化学会 各賞受賞者一覧”. 日本化学会. 2011年4月13日閲覧。
  2. ^ Kuroda, Paul Kazuo (1956). “On the Nuclear Physical Stability of the Uranium Minerals”. Journal of Chemical Physics 25: 781–782; 1295–1296. doi:10.1063/1.1743058. 
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 日本地球化学会学会賞 各賞受賞者一覧”. 日本地球化学会. 2011年4月13日閲覧。
  5. ^ 斎藤彰. “原始爆弾”. 終戦前後2年間の新聞切り抜き帳. 2011年4月13日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]