黒田アキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒田 アキ(くろだ あき、本名: 黒田 明比古(くろだ あきひこ)、1944年10月4日 – )は京都府京都市出身、フランスパリ在住の日本人画家芸術家。男性。1970年パリに渡り、以降ヨーロッパを中心に活動している。

彼の作品には、ギリシャ神話にまつわる迷宮ラビリントスの半人半牛のミノタウロスが象徴的に描かれており、アリアドネの糸が空間を走る。またカリアチードのシルエットでも有名である。キャンパスがパサージュとしての存在を放つ、極めて独創的な作品制作を続けている。

1992年から現在まで「COSMOGARDEN」(コスモガーデン)と呼ばれる、流動的、「異種混合的」なトータルアート・スペクタクルの活動を続けている。 モリユウギャラリー(京都)やマーグギャラリー(パリ)での個展を中心に国内外で活動。

略歴[編集]

書籍[編集]

関連書[編集]

関連項目[編集]