黒獣 〜気高き聖女は白濁に染まる〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒獣 〜気高き聖女は白濁に染まる〜
対応機種 Microsoft Windows2000/XP/Vista(32bit)//7
発売元 Liquid
ジャンル 王国蹂躙・奉仕強制AVG
発売日 2010年4月23日
価格 8,800円
セーブファイル数 160
ディスクレス起動
画面サイズ 800×600
キャラクターボイス
CGモード
音楽モード
回想モード
メッセージスキップ
オートモード

黒獣 〜気高き聖女は白濁に染まる〜』(くろいぬ けだかきせいじょははくだくにそまる)は、Liquidから2010年4月23日に発売されたアダルトゲーム

あらすじ[編集]

数百年におよぶダークエルフ率いる魔軍と人間・エルフの同盟軍の大戦の末、ダークエルフの女王・オリガの魔力に衰えが見えはじめ、同盟軍の長であるセレスティンは千載一遇の好機と、ヴォルト率いる歴戦の傭兵軍団『黒犬傭兵団』に魔軍の本拠地である「黒の城」の制圧を依頼し、見事勝利を勝ち取った。

しかしヴォルトはオリガを拘束し魔軍を手中に収め、連合軍に対し、世界中の女を不特定多数の男に対し性的奉仕をさせる「奉仕国家」の建国宣言を発言、かくしてヴォルト率いる「新魔軍」と同盟軍の大戦がはじまった。

世界観[編集]

物語の舞台であるエオス平原はセレヌス大陸西方に位置し、大陸の覇権を狙うべく北の大陸より進撃するダークエルフの女王・オリガの率いる魔軍と、北方国境に七つの砦を構え迎撃するエルフと人間の同盟軍の大戦は数百年に渡り繰り広げられている。

登場人物[編集]

新魔軍側[編集]

ヴォルト
物語の主人公。一騎当千の強さを誇る歴戦の戦士で「傭兵王」と謳われ、傭兵軍団「黒犬傭兵団」の団長。高い統率力と采配力、そして荒っぽいが「新魔軍」においても種族を越えて支持があるほどのカリスマ性を持つ。魔軍の女王・オリガを拘束し、魔軍を手中に収めてからは退屈な世界をひっくり返そうと「奉仕国家」の建国を宣言、魔軍の力と優れた采配力で連盟軍に戦いを挑む。
オリガ・ディスコルディア
声:葵時緒
北の大陸に君臨するダークエルフの女王。気品すらある気高い性格の持ち主で、数百年に渡り魔軍を指揮していたが、魔力が衰えていたところをヴォルト率いる黒犬傭兵団に攻め入れられ、魔力を弱体化させるマジック・アイテムで拘束された。人間と交配が出来る種族であるため自らに受胎の封印を施したが、それ故に傭兵団のならず共に休む事無く陵辱される事となる。
クロエ
声:とりきんぐ
オルガの側近の騎士でダークエルフと人間のハーフ。幼い頃奴隷だったクロエを救ってくれたオリガに永遠の忠誠を誓っている。奴隷だった頃に肉体を調教され尽くされているため、性的衝動に順応してしまう。父親が人間だったのと、奴隷だった頃に人間の主人に陵辱された事から人間を心底嫌っている。
ヒックス
ヴォルトの側近で、主に斥候や折衛役を務める。黒犬傭兵団初期のメンバーで、男気のあるヴォルトに忠誠を誓っており、ヴォルトも信頼を寄せている。
キーン
ヴォルトの側近で、主に参謀や報告官を務める。黒犬傭兵団初期のメンバーで他の荒っぽい団員に比べ物静かな性格。カリスマ性のあるヴォルトに忠誠を誓っており、ヴォルトも信頼を寄せている。
サー・ジョン・マンデヴィル
寡黙な老伯爵でクロエの元主人。クロエにあらゆる調教を施しどんな性技にも順応できるよう開発した張本人で、クロエは彼の名を聞くだけでも恐怖する。しかし彼自身クロエに惹かれており、クロエをどうしても手元に置きたくてヴォルトの下へ貰い受けに来た。
ベアズリー
一の砦の大臣。アリシアに対して幼い頃より欲情を抱いており、ヴォルトとの取引でアリシアを性奴隷として貰い受ける条件で砦を売った。
モルタデッラ兄弟
頭が豚の「豚人族」という亜人種で、兄のコンティと弟のポンティの双子の兄弟。二の砦の宮廷御用商人で、戦況が不利と悟るや否や新魔軍に寝返り、前々からプリムに欲情を抱いていた事もあり、プリムの身柄と引き換えに二の砦を陥落させるための協力をした。
シャムハザ
黒犬傭兵団の一員で、あらゆる異形の蟲を自在に操る「蟲使い」。身体中に包帯を巻き、黒のマントを羽織っている。かつてはカグヤの同門だったが出奔し、カグヤのアナルに執着を持っている。
ミシェル・パンティエール
貴族の御曹司で世間知らずのボンボン。過去にマイアを護衛として雇った時に一目惚れし、何度も交際を迫ったがことごとく断られた。その逆恨みから、四の砦を売る事を条件にマイアを奴隷として貰い受けようとヴォルトの下へ訪れた。
クラウス・カーティス
同盟軍文官で、クラウディアの夫。代々武官の出であるレーヴァンタイン家において文官の道を選んだため、父・グラーヴよりケーヴァンタインの姓を許されず、母方の姓を名乗っている。温厚で実直な性格の持ち主で、クラウディアもその人格に惹かれ結婚した。円満夫婦な事で有名だが未だに子供がもうけられず、それに悩むクラウスに申し訳ない気持ちを感じている。
グラーヴ・レーヴァンタイン
同盟軍将軍。歴戦の戦士でクラウディアの剣の師。なによりも家の存続に執着しているが、未だに息子のクラウスとその妻のクラウディアとの間に子供が出来ないため、しびれを切らしてクラウディアに自分の子供を産ませようと画策し、ヴォルトと裏取引をした。
大司教
セレスティンに付き従う重鎮で、女神・ラーレンティアの教えを伝える大司教。しかし戦況的に同盟軍が不利とみると、保身のためセレスティンに「国を騙した魔女」の汚名をかぶせ、同盟軍を売ろうとした。

同盟軍側[編集]

セレスティン・ルクルス
声:羽高なる
同盟軍の長で、ハイエルフの女王。「白の城」にて、予知能力で全軍の指揮をとっている。「女神・ラーレンティアの生まれ変わり」とも言われ、連合軍の全ての人々に慕われている。
アリシア・アルクトゥールス
声:桃井いちご
一の砦を守護する女騎士で、名門貴族・アルクトゥールス家の長女。聖アイリス騎士団団長を務め、その剣技と可憐な容姿から『姫騎士』と謳われている。自分に厳しく他人を思いやる心の持ち主で領民から慕われているが、剣に生きてきたため性に関しての知識は希薄。
プリム・フィオリーレ
声:佐倉もも花
二の砦を守護する姫君で、その愛らしい容姿と心優しい性格から「花月の姫君」と領民から慕われている。アリシアのいとこにあたり、アリシアの事を立派な姉様と尊敬している。
カグヤ
声:倉田まりや
三の砦を守護する巫女で、異能の神を信仰する巫女集団の長。常に物静かな態度をとっており、自分たちが信仰する神以外の神は全く信じていない。
マイア
声:葉村夏緒
四の砦に滞在していた女傭兵。かつて黒犬傭兵団に所属していた事があり、その強気な性格から姐さん的存在として知られている。ヴォルトとも旧知の仲で、今でも彼を傭兵として尊敬し、そして淡い恋心を抱いている。
ルー・ルー
声:青葉りんご
五の砦を守護する小柄の亜人種「ハーフリング」の長。優れた製造技術と怪力を持ち、自らが造った超巨大な戦斧を片手で軽々と使いこなすが、一方で喜怒哀楽がはげしく子供っぽい。
クラウディア・レーヴァンタイン
声:御苑生メイ
六と七の両方の砦を守護する同盟軍騎士団長で、羅刹の如き強さを誇り、セレスティンの護衛役も務めている。同盟軍文官・クラウスの妻でもあり、円満夫婦としても有名だが、未だに子供がもうけられないことに悩んでいる。

外部リンク[編集]