黒岩利雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒岩 利雄
Toshio Kuroiwa Nanjing.jpg
1938年南京基地
生誕 1908年12月25日
福岡県
死没 1944年8月26日(満35歳没)
マレー半島沖海上
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1926 - 1939
最終階級 海軍航空曹長
除隊後 大日本航空パイロット
テンプレートを表示

黒岩 利雄(くろいわ としお、1908年明治41年)12月25日 - 1944年昭和19年)8月26日)は大日本帝国海軍戦闘機操縦士

1908年(明治41年)12月25日福岡県に生まれた。1926年大正15年)佐世保海兵団に入隊。1928年昭和3年)操縦練習生13期を修了し、戦闘機操縦士となった。

1932年昭和7年)空母加賀乗組み時、第一次上海事変勃発により加賀は上海沖に出動した。2月7日飛行隊は公大基地に進出、22日生田大尉率いる三式艦戦3機の2番機として、一三艦攻3機とともに蘇州攻撃に参加した。蘇州上空においてアメリカ人義勇兵のロバート・ショート操縦するボーイング218と交戦し、これを共同撃墜した。これは日本陸海軍を通じて初めての、航空戦による撃墜だった[1]。日本国内で大きく報道され、黒岩らは野村第三艦隊司令長官から感状を授与された。

事変後は内地で教員任務についた。坂井三郎は、その著書に佐伯空での訓練で黒岩に簡単に負かされたことを記し[2]、また対談において巧かった戦闘機搭乗員の筆頭に挙げている[3]

支那事変が始まると1938年昭和13年)2月、一三空に配属となり南京に進出した。3月、編成換えにより一二空に転属、8月までに13機撃墜を記録した。これは支那事変における撃墜数で岩本徹三の14機に次ぐ記録だった。黒岩はその荒っぽい戦法から「悪童」と評された。

1939年昭和14年)、31歳になった黒岩は高齢を理由に除隊し、民間航空会社である大日本航空の操縦士になった。1940年昭和15年)2月5日16時55分、同社の福岡那覇経由台北DC-2型機「阿蘇号」を操縦中、「右エンジン不調、魚釣島に不時着す」の無線電信を残して消息を絶ったが、翌朝同島北岸に不時着しているのが発見され、のちに日本電信電話公社第3代総裁を務める米沢滋逓信局無線課技師ら乗客乗員13名全員が救助された[4][5]。 その後、太平洋戦争中の1944年昭和19年)8月26日マレー半島沖を飛行中に行方不明となった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦、伊沢保穂共著『日本海軍戦闘機隊』初版1975年。改訂版、大日本絵画、2010年 ISBN 978-4499230261
  • ヘンリー・サカイダ著、小林昇訳『日本海軍航空隊のエース1937‐1945』大日本絵画、2000年 ISBN 978-4499227124