黒井峯遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒井峯遺跡(くろいみねいせき)は、群馬県渋川市中郷にある古墳時代後期(6世紀前期)の遺跡。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

子持山麓の吾妻川北岸の河岸段丘上に存在する東西約700メートル・南北400メートルの集落遺跡である。集落は榛名山の大噴火による大量の軽石火山灰の噴出によって火災や倒壊を起こす間もなく、ほぼ瞬時に壊滅・埋没したと推定されている。

1982年に軽石を採石中に竪穴式住居跡や古墳の跡が発見されたことをきっかけに調査が行われた。1.5から2.5メートルの厚さの軽石層に覆われた下の層より、竪穴式住居掘立柱建物・平地式建物の遺構や田畠・家畜小屋祭祀場および周囲を囲む柴垣の遺構が明確な形で確認された。これらの遺構により当時の集落の風景や建物の構造の立体的な復原が可能になった。須恵器などの出土品は渋川市赤城歴史資料館にて展示されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度31分46.3秒 東経139度0分8.0秒 / 北緯36.529528度 東経139.002222度 / 36.529528; 139.002222