黄龍の耳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄龍の耳』(こうりゅうのみみ)は、大沢在昌ライトノベル作品。漫画化やOVA化など、さまざまなメディアミックス展開をしている。

概要[編集]

あらすじ[編集]

棗家の第45代当主であるキロウこと棗(なつめ)希郎衛門には、この世の全てを支配する力「黄龍の力」があった。 父の墓参り先で彼は伽奈子という美女と出会うが、彼女は棗家と敵対する巳那一族の一人だった。 伽奈子の身を案じつつも、キロウは宿敵・巳那との戦いに身を投じた。

キャラクター[編集]

棗 希郎衛門(なつめ きろうえもん)
本作の主人公。古代中国の皇帝の血を引く棗家第45代当主を務める青年。愛称キロウ。この世の全てを支配する力「黄龍の力」を持ち、その証として右耳に小さな穴が開いている。
伽奈子(かなこ)
巳那一族の一人である美女。
琴子(ことこ)
巳那一族がキロウに向けて差し向けた刺客。

小説版[編集]

集英社の「ジャンプ ジェイ ブックス」から発売された。全2巻。イラストは原哲夫鶴岡伸寿

発売日
  1. 1993年3月26日
  2. 1994年12月2日
文庫版 1997年11月20日

漫画版[編集]

週刊ヤングジャンプ』にて1992年52号から1996年1号まで連載された。単行本は全15巻。

スタッフ

続編である『第46代 棗希朗衛門』が『週刊漫画ゴラク2012年8月17日号より連載されている。

スタッフ

ゲームソフト[編集]

1995年12月22日バップからスーパーファミコン向けに発売された。税抜9,980円。

パチンコ[編集]

CR黄龍の耳』のタイトルで、1997年11月にサミーから発売された。

OVA[編集]

黄龍の耳 美那の章』のタイトルでバップから発売された。全2巻、各25分。

発売日

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ラジオ[編集]

OVA版の販促番組として『久川綾のSHINY NIGHT 黄龍の耳』が放送された。OVA版の終了後は、『久川綾のSHINY NIGHT』に改名。