黄金坪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄金坪(おうごんへい、황금평、ファンググムピョン)は、北朝鮮平安北道薪島郡にある鴨緑江河口の中州。もともとは中国とは離れていたが、鴨緑江からの沖積土の堆積により中国丹東市と陸続きとなった。黄草坪と呼ばれていたが灌漑工事が行われ、北朝鮮屈指の穀倉地帯となり黄金坪と改名された。2006年以降、中朝国境は鉄条網で仕切られた。

2011年6月6日北朝鮮は最高人民会議常任委員会の政令で黄金坪と威化島を「経済地帯」に指定。8日には中国と北朝鮮は、この地帯で共同開発する工業団地の着工式を行った[1] [2]

脚注[編集]

  1. ^ 中国・北朝鮮国境で「経済地帯」着工式 経済協力本格化へ 日本経済新聞 2011年6月8日
  2. ^ 中朝の経済協力、目玉事業が始動 黄金坪島・威化島(朝日新聞 2011年6月8日)

関連項目[編集]

座標: 北緯39度53分10秒 東経124度15分00秒 / 北緯39.886031度 東経124.249878度 / 39.886031; 124.249878