黄文王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄文王(きぶみおう、生年不詳 - 天平宝字元年7月4日757年7月24日))は、奈良時代皇族左大臣長屋王の子。母は藤原不比等の娘長娥子官位従四位上散位頭

経歴[編集]

天平元年(729年)に発生した長屋王の変では多くの兄弟が死罪となったが、藤原不比等の外孫であったことから死を免れる。天平9年(737年従五位下に叙爵され、天平11年(739年従四位下、天平12年(740年)従四位上と順調に昇進するが、以降昇進は停滞した。また、天平13年(741年散位頭に任ぜられ、天平20年(748年)の元正上皇崩御、天平勝宝8年(756年)の聖武上皇崩御に際しては装束司を務めた。

天平宝字元年(757年)7月に発生した橘奈良麻呂の乱に際し、奈良麻呂により皇位に擁せられたが、道祖王らと共に捕らえられ、久奈多夫禮(くなたぶれ=愚かな者)と改名させられた後、で何度も打たれる拷問を受けて死去した。

官歴[編集]