鹿児島県庁舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鹿児島県庁舎
行政庁舎外観
情報
用途 鹿児島県行政の中枢施設
設計者 佐藤総合計画+鹿児島県建築設計監理事務所協同組合
建築主 鹿児島県
事業主体 鹿児島県
管理運営 鹿児島県
構造形式 鉄筋コンクリート構造
延床面積 115,355平方mm²
階数 20階(行政庁舎)
高さ 93.1m(行政庁舎)
竣工 1996年
所在地 890-8577
鹿児島県鹿児島市鴨池新町10番1号
位置
テンプレートを表示

鹿児島県庁舎(かごしまけんちょうしゃ)は、広域自治体である鹿児島県の執行機関としての事務を行う施設(役所)である。所在地は同県鹿児島市鴨池新町

敷地内には北から南へ議会庁舎・行政庁舎・行政庁舎別棟・警察庁舎が建てられており、行政庁舎は鹿児島県内で最も高いビルである(2010年4月現在)。

位置[編集]

〒890-8577 鹿児島市鴨池新町10番1号

建物[編集]

いずれの建物も外装は下層から順に花崗岩、磁器質タイル、アルミパネルが張られている。

議会庁舎[編集]

  • 鹿児島県議会が入る。
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造地上7階(塔屋有)、地下1階建て。
  • 延床面積 - 12,686m²

行政庁舎[編集]

  • 鹿児島県庁の行政部署が入る。
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄筋コンクリート造)地上20階、地下1階建て。高さ93.1m。
  • 18階には展望ロビーとレストランがあり、一般開放されている。(2010年4月現在、平日7:00~21:00、土休日10:00~21:00。)
  • 延床面積 - 78,622m²

警察庁舎[編集]

  • 鹿児島県警本部が入る。
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造地上10階、地下1階建て。
  • 延床面積 - 24,047m²

歴史[編集]

旧県庁舎玄関部
  • 1923年(大正12年)8月 - 鹿児島市山下町にて庁舎改築着工。
  • 1925年(大正14年)9月 - 改築竣工。曽禰中條建築事務所設計、岩崎組施工による鉄筋コンクリート造3階建て。
  • 1986年(昭和61年)5月 - 「県庁舎整備調査委員会」が県庁内に設置される。[1]
  • 1989年(平成元年)3月 - 鹿児島県議会に県庁舎整備問題特別委員会が設置される。
  • 1990年(平成2年)3月 - 鹿児島県議会の県庁舎整備問題特別委員会、鴨池新町への新築移転が適当である旨報告、承認される。
  • 1993年(平成5年)9月 - 現庁舎新築着工。
  • 1996年(平成8年)6月 - 現庁舎竣工。同年9月に移転実施。

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鹿児島県庁視察報告(長崎県県庁舎整備懇話会:長崎県公式サイト内){{{1}}} (PDF)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]