鶴満寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶴満寺
Kakumanji02.jpg
観音堂
所在地 大阪府大阪市北区長柄東1丁目3-12
位置 北緯34度42分38.6秒 東経135度30分58.8秒 / 北緯34.710722度 東経135.516333度 / 34.710722; 135.516333座標: 北緯34度42分38.6秒 東経135度30分58.8秒 / 北緯34.710722度 東経135.516333度 / 34.710722; 135.516333
山号 雲松山
宗旨 天台真盛宗
本尊 阿弥陀如来
正式名 雲松山 慈祥院 鶴満寺
札所等 新西国三十三ヶ所 第3番
文化財 銅鐘(重要文化財
テンプレートを表示

鶴満寺(かくまんじ)は大阪市北区にある天台真盛宗寺院

歴史[編集]

寺伝によると、円仁(慈覚大師)が河内の国に開き、長年廃れていたのを南方村の猟師瓦林鶴林が長年の殺生を悔いて同村に再興、その後また荒廃していたのを寛保3年(1743年)大坂の豪商上田宗右衛門広久が譲り受けて当地に移し、京都の上善寺の僧忍鎧を招いて宝暦3年(1753年)堂宇を完成させたという。

境内は桜の名所として知られ、樹下に各地の巡礼所の観音仏を安置して百体観音と称し、崇敬を集めていたが、明治18年(1885年)の大洪水で流されてしまった。

  • 大岡越前猿燈篭 
  • 鬼貫供養碑 おもしろさ急には見えぬすすきかな 文化9年(1812年)田原菊翁が鬼貫75回忌に建立。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 銅鐘(朝鮮鐘)(明治42年9月21日指定)太平10年(1030年)二月日の銘がある

大阪府指定有形文化財[編集]

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  • 井上正雄「大阪府全志」(1922)全国書誌番号:73012615
  • 三善貞司「大阪史蹟辞典」(1986)全国書誌番号:86050775