鶴ケ丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鶴ヶ丘駅から転送)
移動: 案内検索
鶴ケ丘駅*
高架後の鶴ケ丘駅の入り口(2007年)
高架後の鶴ケ丘駅の入り口(2007年)
つるがおか - Tsurugaoka
南田辺 (0.9km)
(0.8km) 長居
所在地 大阪市阿倍野区西田辺町二丁目3-18
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線   R   阪和線
キロ程 3.9km(天王寺起点)
電報略号 ツル
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
4,942人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1938年昭和13年)5月22日
備考 直営駅
みどりの窓口
阪 大阪市内
* 改称経歴
- 1940年 阪和鶴ケ丘停留場→南海鶴ケ丘停留場
- 1944年 南海鶴ケ丘停留場→鶴ケ丘駅
鶴ケ丘駅隣の「開かずの踏切」跡地。奥には工事中の高架駅(2004年10月)
改札口

鶴ケ丘駅(つるがおかえき)は、大阪府大阪市阿倍野区西田辺町二丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)阪和線である。

概要[編集]

長居公園大阪市長居陸上競技場(大阪長居スタジアム)・大阪市長居球技場(キンチョウスタジアム)の最寄り駅で、ここを本拠地とするセレッソ大阪のロゴやチームカラー、所属選手の写真を使った装飾が2009年から行われている[1]。改装費はセレッソ大阪が負担した。[2]

地上時代の鶴ケ丘駅の所在地は東住吉区山坂五丁目だった。鶴ケ丘駅周辺では、阪和線は東住吉区と阿倍野区の境界線に沿って走っているが、高架化工事のために造られた線路や駅舎は阿倍野区側にあるため、高架化に伴って駅の住所も阿倍野区に変更された。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅で、ホーム長は6両分だが、待避線の長さは阪和線の最大両数である9両分ほどある。

かつては相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、2004年10月16日に上り線が高架化[3]2006年5月21日に下り線が高架化された[4]。地上駅時代は普通の特急や快速の待避を上下線とも隣の長居駅で行っていたが、高架後はこの駅で行うようになった。

堺市駅が管轄している直営駅で、JRの特定都区市内制度における「大阪市内」に属している。高架化完成前は、ジェイアール西日本交通サービスによる業務委託駅であった。ICカード乗車券ICOCA」が利用することができる(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

鶴ケ丘駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1・2   R   阪和線 上り 天王寺大阪方面
3・4   R   阪和線 下り 関西空港和歌山方面
  • 内側2線(2・3番のりば)が本線、外側2線(1・4番のりば)が待避線である。

利用状況[編集]

長居公園の最寄り駅であり、園内にある大阪市長居陸上競技場(長居スタジアム)でスポーツなどのイベントが行われる際にはかなりの混雑になる。

大阪府統計年鑑[5]によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 4,717
1998年 4,649
1999年 4,565
2000年 4,514
2001年 4,401
2002年 4,331
2003年 4,581
2004年 4,693
2005年 4,706
2006年 4,745
2007年 4,930
2008年 4,909
2009年 4,905
2010年 4,982
2011年 5,020
2012年 4,942

駅周辺[編集]

地上時代は駅の北側の南港通、西側のあびこ筋が阪和線を横断していたが、電車が頻繁に通過していたため、踏切の遮断時間がかなり長く、「開かずの踏切」とも呼ばれるくらいの深刻な状態に陥っていた。遮断機を無理矢理上げて強引に踏切を渡り、結果痛ましい事故になるケースは後を絶たなかった。

このため、この踏切に起因する周辺道路の混雑緩和などを目的として高架化工事が行われ、2006年5月21日に工事が完成し駅周辺の踏切は消滅した。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  R   阪和線
関空快速・紀州路快速・快速・直通快速・B快速・区間快速
通過
普通
南田辺駅 - 鶴ケ丘駅 - 長居駅
  • 長居陸上競技場で大きなスポーツイベントが開催される場合、快速系統が臨時停車することがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JR西日本阪和線鶴ヶ丘駅の装飾が“セレッソカラー”に! - セレッソ大阪
  2. ^ ホームも本拠地(ホーム)JR鶴ヶ丘駅 - 朝日新聞 2009年9月26日
  3. ^ a b 2004年7月定例社長会見インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2004年7月21日
  4. ^ a b JR阪和線連続立体交差事業における下り線高架切替(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2006年3月30日
  5. ^ 大阪府統計年鑑 - 大阪府
  6. ^ 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜(インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]