鶏鳴寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶏鳴寺

鶏鳴寺(けいめいじ)は、中華人民共和国南京市内にあるである。

歴史[編集]

東晋永康元年(300年)に創建される。南朝大通元年(527年)に同泰寺と命名される。当寺は、稀代の崇仏皇帝として知られる武帝の奉仏活動の拠点となった、当時の都・建康の中心寺院である。すなわち、梁の宮城である台城の北に位置する当寺に向かい、大通門を造営した。「同泰」(tong-tai)と「大通」(tai-tong)とは反語である。また同時に、大通への改元が行なわれた。こうして、同泰寺と命名された年には、僧俗50,000人余を招いて四部無遮大会(むしゃだいえ)が設けられた。また、武帝は、翌年には、当寺において捨身(しゃしん)を行い、「三宝の奴」となることを宣したが、皇太子と百官が銭1億万緡を供して武帝の身を贖った。こうした捨身がその後3度も行なわれた。また、その後も当寺で、水陸大会などの大法会が数次にわたって開催された。さらに、仏教教理にも通じた武帝は、当寺において諸経典を講経している。中大通5年(533年)の「般若経」の講経は、無遮大会と併設されたため、30万余の僧俗が参集したという。

洪武20年(1387年)に鶏鳴寺となる。1000年以上の歴史がある南京有数の古寺である。周辺には台城、玄武湖、南京市人民政府がある。

拝観料・拝観時間[編集]

  • 拝観料 - 10元 薬師仏塔は別途5元(2009年1月現在)
  • 拝観時間 - 8:30~16:30(2004年現在)

座標: 北緯32度03分47秒 東経118度47分24秒 / 北緯32.06306度 東経118.79000度 / 32.06306; 118.79000