鶏眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鶏眼(けいがん)とは、皮膚角質層の異常である。別名を魚の目(うおのめ)とも言う。特に足の裏の表皮角質層が真皮内に向かって肥厚増殖する現象で、白色または黄白色の円形状をなす事が多い。刺激すると痛みを覚える。

表皮の部分的切除では完治せず、刺激により拡大増殖を助長することもある。よって、皮膚科の医師による治療が好ましい。

また、小型の足底疣贅は皮下の奥の方にできる為、外見上は鶏眼と区別が付かない事も多いが、こちらはウイルスが原因であり本質的に別のものである[1]

他国の「魚の目」[編集]

ドイツ語では Hühnerauge)、Krähenaugeの目)、Leichdorn (死体の棘)、Klavus (< ラテン語: clāvus」)などと呼ばれており、Elsternaugeの目)という呼称と共にこれらの呼び方は16世紀ごろには使われていた[2]

英語やロマンス諸語では主に「」(ラテン語:Cornū)系列の名前が使われている(英語: cornフランス語: cor など)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]