鶏盲腸コクシジウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶏盲腸コクシジウム
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: クロムアルベオラータ Chromalveolata
亜界 : アルベオラータ Alveolata
: アピコンプレックス門 Apicomplexa
: (訳語なし) Conoidasida
亜綱 : (訳語なし) Coccidiasina
: 真コクシジウム目 Eucoccidiorida
: アイメリア科 Eimeriidae
: アイメリア属 Eimeria
: 鶏盲腸コクシジウム E. tenella
学名
Eimeria tenella (Railliet et Lucet, 1891) Fanthum, 1907[1]
和名
鶏盲腸コクシジウム

鶏盲腸コクシジウム(にわとりもうちょうコクシジウム、学名:Eimeria tenella)とは、若齢の家禽に出血性の盲腸コクシジウム症を引き起こすアイメリア属の1種。

診断は糞便中のオーシストに基づいて行われる。

脚注[編集]

関連項目[編集]