鶏回虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶏回虫 Ascaridia galli
分類
: 動物界 Animalia
: 線形動物門 Nematoda
: 双腺綱 Secernentea
亜綱 : 旋尾線虫亜綱 Spiruria
: 回虫目 Ascaridida
上科 : 盲腸虫上科 Heterakoidea
: ニワトリ回虫科 Ascaridiidae
: Ascaridia
: 鶏回虫 A. galli
学名
Ascaridia galli
(Schrank, 1788) Freeborn, 1923[1]
和名
鶏回虫

鶏回虫 (Ascaridia galli) とは、ニワトリシチメンチョウクジャク小腸、まれに盲腸に寄生する線虫の1種。体長は♂3-8cm、♀6-12cmであり、感染様式は経口感染である。プレパテント・ピリオドは37日。鶏回虫は幼雛に消化障害や貧血を引き起こすことがある。

脚注[編集]

出典[編集]

  • 平詔亨ほか著 『家畜臨床寄生虫アトラス』 チクサン出版社 1995年 ISBN 9784885004100

関連項目[編集]