鵜方駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鵜方駅
南口
南口
うがた - UGATA
志摩横山 (0.9km)
(1.8km) 志摩神明
所在地 三重県志摩市阿児町鵜方1670-2
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 志摩線
キロ程 21.3km(鳥羽起点)
伊勢中川から62.8km
電報略号 ウカ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,006人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)7月23日
南口(2002年)
画像左側にある安乗埼灯台のモニュメントは現存しない。
北口(2012年)

鵜方駅(うがたえき)は、三重県志摩市阿児町鵜方にある、近畿日本鉄道(近鉄)志摩線である。

志摩市の代表駅である。冬季になると駅前には地元有志によるイルミネーションが併設される。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅橋上駅舎を有する。ホーム有効長は8両。改札は3階、ホームは1階に設けられている。改札口は1箇所のみ。出入口は南北双方に設けられており、南側にはバスロータリーがある。便所は改札内にあり、男女別の水洗式

のりば[編集]

1 志摩線(下り) 賢島行き
2 志摩線(上り) 鳥羽名古屋大阪神戸京都方面

特徴[編集]

  • 特急券・定期券とも購入可能。
  • すべての列車が停車する。
  • 簡易改札機が設置されており、PiTaPaICOCAが使用できる。
  • 海水浴シーズンになると周辺道路はかなり混雑する。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1997年 1,638
1998年 1,540
1999年 1,467
2000年 1,437
2001年 1,375
2002年 1,302
2003年 1,260
2004年 1,213
2005年 1,115
2006年 1,110
2007年 1,194
2008年 1,213
2009年 1,136
2010年 1,057
2011年 1,003
2012年 1,006
  • 鵜方駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2008年平成20年)11月18日の調査結果によると、1日の利用客は2,103人(前回2005年11月8日の調査では2,273人)。この数字は…
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、185位。
        • 山田線・鳥羽線・志摩線の駅(33駅、他線接続駅含む)の中では7位。志摩線内に限れば鳥羽駅に次いで2位。
        • 三重県内の近鉄の駅(116駅)の中では、37位。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

鵜方駅前は志摩市内各町(阿児町浜島町大王町志摩町磯部町)内各所行きのバスが発着。

  • 三重交通
    • 1番乗り場
      • 60・70系統 伊勢市駅前(磯部バスセンター経由)
      • 60・70系統 伊勢赤十字病院(伊勢市駅前経由)
      • 60・70系統 磯部バスセンター
      • 62系統 伊勢赤十字病院(山商口経由)
      • 92系統 志摩病院
      • 93系統 鵜方駅前(循環)
    • 2番乗り場
      • 60系統 御座港(大王口経由/畔名丸岡経由)
      • 62系統 御座港(畔名丸岡経由)
    • 3番乗り場
    • 4番乗り場
      • 91系統 安乗、安乗(渡鹿野渡船場経由)
    • 5番乗り場


  • 磯部地域予約運行型バスコミュニティバス、愛称:ハッスル号)
    • うみルート 佐田・的矢・志摩磯部駅・磯部支所方面 (祝日含む月・水・木のみ運行、1日3便のみ)  ※スペイン村には停車しないので注意。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
志摩線
普通
志摩横山駅 - 鵜方駅 - 志摩神明駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]