鴻之舞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 北海道 > 紋別市 > 鴻之舞
鴻之舞
鉱山跡碑(右)と慰霊碑
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 北海道
市町村 紋別市
人口 (2005年(平成17年)10月1日現在)
 - 計 0人
 - 人口密度 0人/km² (0人/mi²)
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 094-0026

鴻之舞(こうのまい)は、北海道紋別市の地名。2005年10月1日現在の人口は0人[1]郵便番号094-0026。

地理[編集]

鴻之舞は、北海道紋別市にある地名であり、かつて存在した町である。鴻之舞鉱山の町として栄えたが、鉱山閉鎖とともに無住の地となった。紋別市街の元紋別から北海道道305号紋別丸瀬布線を約25キロ強南下した地点にある。

歴史[編集]

北海道のオホーツク海側は、1800年代末に、枝幸パンケナイ川で砂金が発見され、ウソタンナイ(ウソタン川)などでも砂金が発見されて以降、ゴールドラッシュの様相を呈した。

紋別の八十士川でも砂金が発見され、1915年、鴻之舞に金鉱が発見される。ここに地元有志が鉱区を設定し操業が開始され、1917年住友に経営権が移った。その後も鉱床が発見され、金鉱山は発展し続けた。藻鼈川沿いには鉱山労働者の居住する町が形成された。

鴻之舞鉱山は、1940年には年間金2.5トン、銀46トンを産出、1942年には、鴻之舞の人口は、従業員・家族等を含めて約13,000人までになる。太平洋戦争の影響で一時期規模は縮小するが、1955年には金年間2.98トンの最高産出量を記録するなど賑わった。人口が増えたことで、紋別市街との間の旅客輸送のために、1949年には北紋バスが設立され、鴻之舞・紋別間にバス路線が開通する。

しかし、金価格の下落の影響を受け、資源も涸渇したことから、1973年(昭和48年)に鉱山は閉鎖された。その結果、最盛期に13,000人に上った鴻之舞の町は消滅、人口0となった。

この地区で現在も活動が見られるのは沈殿池とその管理者のみである。干上がった旧沈殿池、大きな煙突、発電所跡、紋別市街と鴻之舞を結んだ鴻紋軌道の跡、学校跡(防火壁)などの遺構が残るほか、鉱山があったことを示す碑、鉱山犠牲者の慰霊碑、小学校跡の碑などが建立され、これらがかつてここに町と鉱山があったことを示している。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 町丁別・世帯数及び男女別人口-紋別市(平成12年・17年10月1日現在)(XLSファイル)に記載がないことを確認。2011-06-18閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]