鳴門市営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳴門市企業局 運輸事業課
鳴門市営バス.jpg
路線バス車両
種類 地方公営企業
略称 鳴門市営バス
本社所在地 日本の旗 日本
772-0032
徳島県鳴門市大津町吉永字三石野756-3
北緯34度10分5.66秒
東経134度36分13.61秒
設立 1949年(昭和24年)4月25日(営業開始)
業種 陸運業
事業内容 一般旅客自動車運送事業(乗合貸切
代表者 山内秀治(公営企業管理者、企業局長)
外部リンク http://www.city.naruto.
tokushima.jp/contents/co/
テンプレートを表示

鳴門市営バス(なるとしえいバス)は、徳島県鳴門市企業局運輸事業課が運営していた路線バス貸切バスである。

概要[編集]

鳴門市内にくまなく路線を延ばしていたほか、延長部分として香川県東かがわ市引田駅板野郡板野町板野駅の鳴門市外までの路線を持つとともに、2002年(平成14年)3月31日まで兵庫県南淡町(現南あわじ市福良までの路線を持ち、「公営バスでありながら3県にまたがって運行する」バスであった。

しかし、モータリゼーションに伴う利用客減少や、鳴門市の財政悪化に伴って、かつての運行規模を維持することが困難になったため、多くの路線を廃止・減便するなど経営改革に取り組んだり、運賃が100円均一の循環バスの運行を開始し、利用者の拡大も図っていたものの、経営状況は依然として大変厳しい状況であった。段階的に民間委託を開始し、2009年(平成21年)1月1日より、一部路線が地元のタクシー会社である鳴門第一タクシーへ委託され「鳴門市地域バス」として運行を開始。市営バス事業は2012年(平成24年)度をもって終了した[1]

かつては鳴門市運輸部が運営していたが、2005年(平成17年)4月1日に鳴門市の組織再編が実施され、企業局運輸事業課による運営となっていた。

2007年(平成19年)には同市営バス初のノンステップバスとして日野・ポンチョが2台導入されていた。

2012年12月13日の徳島新聞の報道で、2013年3月31日をもって市営バス事業から撤退し、移譲先は徳島バスとすることが発表された。徳島バスは4月1日から運行を開始した[2]

営業所及び営業路線[編集]

  • 本社営業所
    • 位置 - 〒772-0032 徳島県鳴門市大津町吉永字三石野756-3
    • 営業開始日 - 1949年(昭和24年)4月25日
    • 営業終了日 - 2013年(平成25年)3月31日
    • 所管 - 全線

営業終了時点での直営路線[編集]

路線バス

路線バス車両は2010年(平成22年)3月31日現在で21台保有していた[3]

北泊線[編集]

岡崎 - 鳴門駅前 - 郵便局前 - 黒崎 - 明神 - 堂浦 - 北泊

大麻線[編集]

鳴門駅前 - 郵便局前 - 鳴門一中前 - 第一高校前 - 金比羅前 - 教会前 - 立道 - 池谷駅前 - 板東駅東 - 霊山寺前 - ドイツ館 - 二番札所前 - 川端駅前 - 板野駅

引田線[編集]

鳴門駅前 - 郵便局前 - 黒崎 - 明神 - 粟田葛城口 - 折野西 - 北灘県境 - 引田駅前 - 翼山温泉

営業終了より前に廃止された路線[編集]

鳴門スカイライン線

市バス車庫 - 市役所前 - 郵便局前 - 鳴門駅前 - 黒崎 - 明神 - 小海 - 島田島 - 鳴門公園

徳長粟津線

鳴門駅前 - 郵便局前 - 鳴門一中前 - 第一高校前 - 吉永南 - 徳長 - 粟津

福良線

郵便局前 - 鳴門駅前 - 図書館前 - 競艇場前 - 黒山 - 淡路島南インターチェンジ - 福良

大麻線川崎経由便

鳴門駅前 - 立道は同一経路。立道 - 牛屋島 - 川崎 - 板東駅東

鳴門公園線

郵便局前 - 鳴門駅前 - 三ツ石口 - 八木の鼻 - 大塚国際美術館 - 観光港 - 鳴門公園(この区間は現在徳島バスが徳島駅発着便とは別に区間便を運行)

鳴門市地域バスへ移管された路線[編集]

高島線[編集]

里浦粟津運動公園線[編集]

鳴門駅前 - 郵便局前 - (運動公園) - 大塚製薬前 - 里浦口 - 粟津

  • 運動公園は便により経由しない便がある。

市内循環バス[編集]

鳴門駅前 → 高速鳴門バス停前 → 鳴門病院 → 中央商店街 → 市役所前 → 郵便局前 → 鳴門駅前(2012年(平成24年)4月1日地域バスへ移行)

貸切バス[編集]

貸切バス事業は一般・観光とも2005年(平成17年)9月30日をもって大幅に縮小し、以降は鳴門競艇場送迎バスなどに限定されていた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市営バスのいま 公営企業としての市営バス事業から撤退”. 鳴門市. 2011年9月25日閲覧。
  2. ^ 徳島バスに事業移譲 鳴門市営バス3路線、来年4月運行”. 徳島新聞. 2012年12月13日閲覧。
  3. ^ 全国乗合バス事業者の基準適合車両導入状況 (PDF)”. 国土交通省. 2011年9月25日閲覧。
  4. ^ 市営バス 観光バス業務を停止します”. 鳴門市. 2011年9月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]