鳩 (童謡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『鳩』(はと)は童謡のひとつ。文部省唱歌。作詞、作曲ともに不詳。タイトルについての問題は後述。

原典による歌詞[編集]

  1. ぽっぽっぽ、
    鳩ぽっぽ、
    豆がほしいか、
    そらやるぞ。
    みんなでなかよく
    食べに来い。
  2. ぽっぽっぽ、
    鳩ぽっぽ、
    豆はうまいか、
    食べたなら、
    一度にそろって
    飛んで行け。

1941年に改変された歌詞[編集]

  1. ぽっぽっぽ、
    はとぽっぽ、
    豆がほしいか、
    そらやるぞ。
    みんなでいっしょに
    食べに 来い。
  2. ぽっぽっぽ、
    はとぽっぽ、
    豆はうまいか、
    食べたなら、
    みんなでなかよく
    遊ぼうよ。

概要[編集]

(おそらく)子供がをやる様子を描いた歌である。

1911年(明治44年)5月8日に刊行された『尋常小学唱歌 第一学年用』が初出。

1941年の国民学校用の教科書『ウタノホン』では曲名が『ハトポッポ』に変更された。『鳩ぽっぽ』というタイトルの曲は別に東くめ作詞、滝廉太郎作曲のものもあるので注意が必要である。

関連項目[編集]